山梨県いちご狩り

いちご狩りのオープンから2週間目に入りました!    2017.12.16 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 いちご狩りは、大変申し訳ありませんが、12月7日から1月8日までは、全てのお時間が、

ご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。

12月26日か1月8日日までは、収穫状況が増えましたら12月25日頃に追加ご予約をお受けいたします。

 いちご狩りのオープンから2週間目に入りました。

その間、リピータの皆さんや新規のお客様に沢山ご来館いただきありがとうございます。

まだ、ホワイトレディーは、食べれません。年末までお待ちください!

今週は、章姫とかおり野に人気が集中していました。

 相変わらず、通販や送りのご注文が殺到しています。

パックも午前中で完売でした。

秋田の友人から、ハタハタが届きました。

今夜は鍋と塩焼きです!

写真1.廣谷様のご家族。お兄ちゃんは章姫がお気に入り。

2月にご予約いただきました。お目当ては、「ホワイトべりー」かもしれません?

写真2.鈴木様は、毎年ご来館されておられます。12月に来られたのは、初めてです。

雪害でハウスがつぶれたときは、義援金を頂きありがとうございました。

イチゴを食べたくても食べれないワンちゃんは、可愛そうでした!

写真3.今日も沢山の発送が有りました。

毎日、いつイチゴが無くなるか心配でたまりません。

写真4.今年も友人から大好物の新鮮なハタハタが秋田から届きました。

 

白いイチゴを山梨放送の「てててTV」の生放送でご紹介しました。(12月11日)    2017.12.13 Wednesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 いちご狩りは、大変申し訳ありませんが、12月7日から1月8日までは、全てのお時間が、

ご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。

12月26日か1月8日日までは、収穫状況が増えましたら12月25日頃に追加ご予約をお受けいたします。

 今朝もマイナス3.5度と日に日に寒くなってきました。

12月11日の月曜日は、YBS放送の生放送が15時50分から約1時間入りました。

実際に当館が放映されている時間は、何回かに分割されていて主は、2分と6分でした。

山梨や関東でトップを切っていちご狩りを始めたことと、「無農薬栽培・練乳不要・5種類のイチゴ狩り・

プライベートエリア制」などの紹介と館長が開発した白いイチゴ;「ホワイトベリー」の初お目見えでした。

午後2時から、タレントの「石井様」や「ピッカリ様」や浅川ディレクターと綿密な打ち合わせとリハーサルの連続でした。

生放送が始まるまで2時間で、ケッコー疲れました(笑い)。

そんなことで、「てててTV」の生放送も無事終了しました。

孫の光咲や光平も応援に来てくれて、ほんの一瞬ですが一緒にテレビに出て良い思い出になりました。

たしか、4年前の「てててTV」に年長さんだった光咲が社長と一緒に出ました。

写真1.まず事前に皆で放送の展開を勉強します。

写真2.生放送で紹介された当館自慢の贈答用のイチゴさん達!

写真3.イチゴのそばでリハーサル。当館のイチゴは、株が大きく葉も大きいので

カメラマンも苦労しています。当館の全員紹介は、苺の中で行いましたが、高さ30Cmの

コンテナを使い皆が見えるようにしました。

写真4.当館自慢の「イチゴアイス」・「アイベリーのジェラート」・

「チョコレートフォンデュ」を紹介しました。

 

 

山梨・関東の先頭を切って、いちご狩りをオープンしました。    2017.12.10 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 いちご狩りは、大変申し訳ありませんが、12月7日から1月8日までは、全てのお時間が、

ご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。

12月26日か1月8日日までは、収穫状況が増えましたら12月25日頃に追加ご予約をお受けいたします。

 今朝は、マイナス3度と真冬並みの寒さになりました。

館長の家の中は、朝1度と寒く、いちご狩りハウスの最低気温は13度と温かいぐらいです。

自宅に寝るよりハウスの方が良いかな?と思う今日この頃です・・・・・。

従って最近は、ハウスに来るのが6時半頃とめっきり遅くなりました。

理由は、寒くてなかなか布団から出られないからです。

 9日の土曜日と10日の日曜日から沢山の客様がいちご狩りに来られました。

関東のいちご園は、ほとんどまだオープンしていません。

ご予約をお受けできなかったお客様には、大変申し訳ありませんでした。

毎年、お客様の反応が気になります。お客様が練乳なしで満足される甘さが確保されているか

心配でしたが、皆さま甘いとお喜び頂けております。

お客様が1粒食べた瞬間に「甘~い!」と言う声が聞こえない時は、甘さが不足しているのです。

この2日間は、皆さん甘さに感動されておられました。

この2日間は、関東一円や山梨からいちご狩りに来られました。

皆さんの好みも、様々で多品種のいちご狩りの長所が生きているような気がしました。

お客様の笑顔を見ると、館長も嬉しくなります。

明日は、山梨放送の「てててTV」の生放送が15時50分から有ります。

生放送は緊張しますね!

写真1.9日にご来館された東京の大山様のご家族。お兄ちゃんも甘い順路1の章姫に大満足。

写真2.9日にご来館された神奈川の野口様。順路2の紅ほっぺがお気に入りでした。

写真3.静岡からご来館された鈴木様。順路2のかおり野がお気に入りでした。

写真4.10日にご来館された山梨の平林様。順路1の章姫がお気に入りの

方と順路2の紅ほっぺのお気に入りの方に分かれました。

明日、9日からいちご狩りがオープンだよ〜。どこのいちご園よりも早いかも?    2017.12.08 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 いちご狩りは、大変申し訳ありませんが、12月7日から29日までは、全てのお時間が、

ご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。

12月26日から31日までは、収穫状況が増えましたら追加ご予約をお受けいたします。

 本当に今年は寒いですね!

今週は急に寒くなったようで、イチゴがなかなか赤くなりません〜。

イチゴが赤くならないので、急きょいちご狩りのご予約を止めました。

どこのいちご園も10月の日照不足で収穫が遅れているようです。

山梨のスーパーでも、パックの最安値が650円、高値は950円もしています。

そんな中、当館は例年通り1パック 550円で販売しています。

だって、700円や900円にしたら、庶民は買うことが出来ないでしょ!

苺は、庶民の果物でなければなりません。

 

いよいよ、明日からいちご狩りがオープンします。

オープンの時期は、夜冷処理をしているので昨年とほぼ同じ時期です。

今年のお客様は、例年よりお得ですね。高いイチゴを食べ比べできるのですから・・・・

館長としては、ユックリ無農薬のイチゴを練乳なしで食べ比べしていただきたいです。

写真1.順路1の章姫。10月の日照不足で夜冷処理のイチゴが殆ど収穫出来ず、ようやく半短日夜冷処理

が食べられるようになりました。例年より小粒ですね。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・アスカルビー・ホワイトレディです。

ホワイトレディー(白い貴婦人)は、遅れており、食べられるのは、今月末頃に

なりそうです。異なった品種を同時期に食べられるようにしていますが、

やはりその年によってうまくいきません。

写真3.今年はあかねっ娘(ももいちご)は、計画より早く収穫出来ました。

通販でご購入のお客様は、あかねっ娘(ももいちご)が詰め合わせに

入っていて喜ばれています。

写真4.今日も通販や山梨のお客様からいご注文いただいた贈答用のいちごを

出荷しました。今年は他のいちご園に苺が無いのかご注文が例年より多いです。

写真5.もうA重油の追加が2回目です。今年はA重油を例年より沢山使いそうです。

A重油の値上がりも痛いけど、この寒さの方がもっとA重油を使うので痛いです!

 

 

いちご狩りの説明看板をいちご狩りハウスに取り付けが終わったよ〜。順路1〜順路2までのご説明。    2017.11.28 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 着々といちご狩りの9日のオープンに向けて、準備が進んでいます。

お客様が館長の説明を聞き逃しても、分かるように沢山の説明看板をあちこちに取り付けてます。

この看板があると、耳が聞こえないお客様にも当館のシステムを説明できるので、便利です。

種類が多くて結構お金がかかるのですが、お客様のことを考えると止めることは出来ません。

レジのおつりの準備も終わりました。

おつりの準備は、結構重要で、忘れると近くのコンビニまでお金を崩しに行かなければなりません(笑い)。

今日は、受付から順路2までのご説明。

写真1.受付看板とレイアウト図。この看板には、お客様に様々な情報もお出ししますので、参考にしてください。

受付では、お客様に代表者のお名前とお電話番号とお住まいの県か市をご記入いただきます。

写真2.受付が終わりましたら、館長から様々なご説明とご案内が有ります。

.轡好謄爐寮睫澄△願い事項の説明。E館の特徴。づ館のイチゴ狩りシステム。

ト味しいイチゴの食べ方。Εプションの1粒150円の超レアなイチゴの説明。

写真3.順路1の章姫の品種説明。無農薬の栽培の説明。

写真4.順路2の品種の説明。かおり野・紅ほっぺ・アスカルビー・ホワイトレディー。

栽培ベットの1本1本にも名前がついているので品種名を見ながら食べてね!

 

 

もうイチゴの収穫が始まったよ!この時期にしては、甘~いイチゴだよねー。    2017.11.25 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 いよいよ、最低気温がマイナス1度になりました。ハウスの暖房機はフル回転に近くなりました。

今年のいちご狩りは、予定通り12月9日の予定です。それ以前は、イチゴの量が有れば前日に

ご予約を受けします。

通販の贈答用イチゴのご注文は、例年より早めに注文が入ってきています。

ご注文は、こちらの通販専門店からお申し込みください。

 昨日は、今年初収穫を行いました。

予想通り出蕾が一番早かったアスカルビーが一番多く、次にかおり野・紅ほっぺの順です。

意外なのは酸味の強いアスカルビーが例年より甘く糖度が12〜18度と高かったことです。

この時期は、完熟にしないと糖度が低いですね!

その他の品種は、量が少ないので測定できませんでした。

この時期にしては、形のよいイチゴが収穫出来ました。

当館は、練乳なしで食べていただくので、イチゴの甘さには他の農園以上に気を使います。

これから糖度を図りながら肥料濃度や葉面散布剤などの調整をして更に糖度を上げていきます。

温度もイチゴの株の生育を遅らせない程度に下げて実を硬くしたり、イチゴの糖度が上がるまで

イチゴが赤くならないようにします。

今年から館長が開発した「ホワイトベリー」も小粒ですがなり始めました。

館長が開発してから3年目になり、色が白くなるか心配でしたが、今年も白いイチゴになりました。

これで、一安心です。

孫は、風邪をひいていて来れないので、沢山イチゴを届けました。

早く元気になって、いちご狩りをさせてあげたいな。

写真1.予想以上に収穫出来ました。右側がアスカルビーで、約2コンテナー。

真ん中の上が紅ほっぺ・ホワイトベリー。左側の下が章姫。左側の上がかおり野。

 

写真2.1箱ですが贈答用のトレイAが収穫出来ました

写真3.1箱は贈答用トレイCが収穫出来ました。大半がアスカルビーです。

もうイチゴが赤くなり始めました。章姫の2番花の出蕾が始まりました!    2017.11.22 Wednesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 ここ数日で12月上旬から下旬の寒さになりました。

14年12月は、マイナス5〜7度と1月下旬の寒さになり、イチゴさん達が季節感を失い

イチゴ栽培始まっての大不作となりました。

原因は、急激に1月進んだ寒さになったのか、それともマイナス5〜7度と言う寒さで季節感を失ったかは、

不明です。

いずれにしても、暖房費を節約せずにイチゴさん達が過ごしやすい環境にしておいた方が良いでしょう。

15年のような不作にならないことを祈っています。

当館は、今日2200LのA重油を入れました。つまりもう2200LのA重油で暖房したということです。

 10月の日照不足の中で花芽分化が進み太陽と言うガソリンのないまま出蕾した影響が、ぼちぼち

見えてきました。館長の予測以上にイチゴの実が小さそうです。

特に章姫は顕著に表れています。

 イチゴの株の生育は、様々な手を施したので現時点では、例年並みの大きさになってきました。

現在赤くなっている実は、かおり野を除いて全て小粒です。

毎年スタートの11月末から12月上旬は、小粒です。

開園は、12月1日〜10日の間で検討中です。

16日頃に出蕾した花が赤い実をつけ始めました。従ってホワイトレディーやアイベリーやあかねっ娘(ももいちご)は、

まだ赤い実はありません。

かおり野・アスカルビー・章姫・ホワイトレディー2は、赤くなってきました。

写真1.これから12月に入りどれだけイチゴが大きくなるか心配です。

昨日は、寒く天気も良かったので富士山が良く見えました。

2日前の雪ですっかり富士山らしくなってきました。

写真2.順路1の章姫。以前徒長気味のうえ、葉の面積が大きいのでイチゴの茎が苦しそうに

たれています。

順路2のかおり野・紅ほっぺ・アスカルビー・ホワイトレディー1。かおり野は8月末に定植したので

元気そのものです。12月と1月はかおり野が一番期待できます。

写真3.紅ほっぺ・アスカルビー・ホワイトレディー1。ようやくホワイトレディー1に花が咲き始めました。

やはり3種類同じ時期に花芽分化を起こさせるのは、難しいです。

写真4.お土産エリアの右がかおり野。左はホワイトレディー1。

とちらも花盛りです。

写真5.右が短日夜冷処理の苗のアイベリー。左は半短日夜冷処理の苗のアイベリー

どちらも花盛り。2番が追いかけてきているので、摘果しないと成り疲れを起こします。

写真6.あかねっ娘(ももいちご)。ようやく大きくなってきました。

今咲いている花は良い実がなりそうですが、全体的に今年は良くありません。

写真7.初なりのかおり野。早く定植したので良い実がなっています。

写真8.短日夜冷処理の苗の章姫。一番小粒です。

写真9.短日夜冷処理の苗のアスカルビー。いっぺんに赤くなっています。

順番にユックリ赤くなってほしいです。

写真10.今年から導入したホワイトレディー2。館長が開発した白いイチゴです。

実が熟すと種が茶色くなり少し赤く見えます。この色が食べ時です。

写真11.順路2も少し実が赤くなり始めました。このレーンは、暖房機の前なので特に赤いです。

 

今シーズンのいちご狩りは、本日22日で終了します。半年間、ご愛顧ありがとうございました。    2017.05.22 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

ジャム用イチゴは、「いちご販売」のページからお申し込みください。

お届け先のご住所を必ず書いてくださいね!

 

今シーズンのいちご狩りは、本日22日をもって閉園します。

来シーズンは、12月上旬に開園いたします。

12月から5月までの6か月間、沢山のお客様にご愛顧いただき感謝申し上げます。

12月のスタート時は、9月の日照不足の影響でイチゴの株が大きくならず、1〜2個目の大きなイチゴの実が不受精と

なり今シーズンも不作の年とあきらめていましたが、もうだめか?もうだめか?と不安な状況が続く中、

5月で終わって見れば、過去最高の売り上げを得ることが出来ました。

14年の雪害でハウスが倒壊、さらに15年と16年のイチゴの不作と苦しい3年間でした。

今年も、日本全国のいちご園がイチゴの不作で苦しむ中、異常気象に対応した数々の対策が、功を奏して

わずか少しの勝ち組に入れたのは、嬉しい限りです。

来シーズンも更なる進化を求め、まだイチゴの収穫が出来る中、閉園して、来シーズンの苗作りに

集中したいと思います。

農業では苗半作と言いますが、なにせ、イチゴ栽培は、苗8割と言うぐらいそのシーズンの出来栄えを左右します。

 

昨日は、最高気温33度と言う中、館長の予測をはるかに超えて沢山のお客様にご来館いただきありがとうございます。

今週から、細霧冷房の扇風機を休憩場にセットして、お客様に「涼」を体験していただきました。

お子様は、細霧冷房の扇風機のまで大はしゃぎでした。

写真1.霧の池内から購入した「細霧冷房の扇風機」

写真2.細霧冷房の扇風機のまえで「涼」を取るご家族。

冷たい霧が出て、本当に涼しいですね。あまり近づくと濡れてしまいます(笑い)。

写真4.今シーズン最後の22日にいちご狩りに来られた角和様のグループ。

ご都合でいちご狩りが延期になり、駆け込みで最後の日にご来館されました。

 

今シーズン最後のナイター(18日)は、珍しく雨でした。    2017.05.18 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

5月22日で閉園します。

ジャム用イチゴは、「いちご販売」のページからお申し込みください。

お届け先のご住所を必ず書いてくださいね!

館長が、14年前から日本で初めて始めた「ナイターのいちご狩り」も昨年あたりから定植してきたようです。

お客様の層も様々に増えてくると同時に、一組当たりの人数も増えてきました。

当初は、お二人が多く➡ご家族や職場のお仲間➡団体(学生さんや会社のイベント)

ホームページやブログで様々なお客様に認めていただけたのでしょう。

ナイターのいちご狩りの良さは

1.涼しくいちご狩りが出来る。

2.イチゴの温度が冷たくて美味しく食べられる。

3.忙しい方には、土日以外でも、皆で集まり楽しめる。

4.ナイターのいちご狩りハウスは、綺麗なうえイチゴも輝いて見える。

5.他人を気にせず贅沢にもいちご園を貸し切りにできる。

写真1.会社の皆さんでいちご狩り。やはり、お忙しい方もおられて30分ぐらい遅れて参加された方も

おられました。皆さんお仲間なので文句は言いません。

写真2.最後は中央の休憩場で幹事さんのあいさつ終わりました。

写真3.赤いダイヤのように輝くイチゴさんたち。

写真4.ナイターのいちご狩りを外から見ると、こんなに幻想的です。

今シーズンのいちご狩りは、5月22日で終了予定です。    2017.05.18 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

ジャム用イチゴは、「いちご販売」のページからお申し込みください。

お届け先のご住所を必ず書いてくださいね!

12月から開園し5月まで頑張ってきましたが、お客様の人数が半分以下に減ってきたので、

5月22日で閉園します。

イチゴの収穫量は、まだまだ沢山あるのですが食べてくれるお客様がおられなければ、

閉園もしかたありません。

当館のイチゴは、最後の最後までお客様にお喜び頂けるよう頑張って大きな実をつけ、

それなりの甘さを維持しております。

今年のイチゴの株は、なかなか大きくなりませんでしたが、5月になり急激に大きくなってきたので、

イチゴの実も大きくなったのでしょう。

写真1.順路1の章姫。まだまだ沢山イチゴがなっています。

写真2.今年のイチゴは、5月にもかかわらず、大きな実をつけています。

大きな実は、6〜7Cmあります。

写真3.順路2の紅ほっぺ・かおり野・アスカルビー・ホワイトレディー。

紅ほっっぺを始め、大きな実もあります。

写真4.5月になって章姫の株も大きくなりました。

写真5.イチゴの株が大きくなってきた順路2の4種類のイチゴ。

 

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

アーカイブ

コメント

  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    藤井英寿 (04/09)
  • いちご狩りハウスの雪害の補助金の最終申請を行いました!
    館長 (02/17)
  • いちご狩りハウスの雪害の補助金の最終申請を行いました!
    ひたむき農夫 (02/17)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (04/14)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    倉橋 良子 (04/14)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (05/04)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (05/04)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    岡田 久美子 (05/04)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (03/30)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    横山尚美 (03/28)

トラックバック

ブログ内検索