山梨県いちご狩り

シャインマスカットを鉢替えしました。これが最終の位置です。    2019.06.16 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 今日から梅雨の中休みでしょうか、蒸し暑い日が続きそうです。

現在遮光をしてありますが、ハウスの中は、11時半で34度です。

今年購入したスポットクーラーで何とかハウスの中で、データの整理やブログを書いています。

明日からの苗取を前に、多目的ハウスの中に入る果物がほぼ入りました。

残りは、当館のお客様のお気に入りで、入手困難な沖縄の島バナナとアセロラです。

写真1.自宅で管理しきれなくなったバナナを引き取りました。

バナナは、最低気温を5~10度以上に保たないと生育が止まるので、暖房の無いハウスでは無理です。

2〜3年経過しているそうです。品種は不明?

 シャインマスカットの苗木を新しい鉢に植え替えました。

鉢の容積は171Lで今までの鉢とは比べ物にならないほど大きいです。

館長の住んでいる地域は、水位か高く果物の栽培には適していません。

最近の果物栽培は、色々の理由で鉢で栽培されることも多いです。

考えられる推定理由は、

1.栽培作物の適正に合わせて培地の質を変えられつ。

2.肥料の量を簡単にコントロールでき、効率的にたくさん与えられる。

何かの本で読んだのですが、鉢を20Cmぐらい埋めると作物に良いと書いてありました。

いずれにしても、これからハウス栽培や鉢植え栽培や様々な植物の特性を勉強しなければなりません。

写真2.館長の推測で鉢の底に小さな穴を開けておき、根が伸びてきたときに鉢の外に地下に

根が張れるようにしました。

真ん中にはシャインマスカットが倒れないように頑丈な柱を立てました。

写真3.鉢替えが終わったシャインマスカット。

右の小さな鉢(10L)から黒の大きな鉢(171L)に植え替えました。

鉢は、20Cmぐらい埋めました。

何せ、将来的にはシャインマスカットは、60房ぐらい収穫します。

従って、大きな鉢にしました。

これで棚にしてあるワイヤーに弦を伸ばせます。

これでシャインマスカットを固定したので、安心してシャインマスカットの弦をどんどん伸ばせます。

シャインマスカットは、6M*6Mの広さで栽培管理します。弦は、H型に伸ばします。

仲間のブドウの先生に指導を仰ぎながら栽培します。

来年は、1〜3房収穫できるかもしれません。

写真5.今年購入したスポットクーラー。

ヤマダ電機などでは販売していないので、ネットで購入しました。

8万円ですが、取り付け工事や廃液処理などが不要のので、使いやすいです。

水なども入れなくてOK!

 

 

 

 

 

12日にアボガドの苗木が届きました。    2019.06.14 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 館長が尊敬している新潟のせきね農園からアボガドの苗木が届きました。

やはり、良い農園は、対応が良く届く苗も素晴らしいですね。

右側は、ズタノトイ品種。左側がハスと言う品種。

新葉の通夜も良く、苗木も大きいです。

実がなる2~3年後が楽しみですね。

南国フルーツと国産フルーツの苗を新しい多目的ハウスの持ち込みました。    2019.06.11 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

明日の多目的ハウスの完成を前に、南国フルーツと国産フルーツの苗木を持ち込みました。

明日、新潟のせきね農園から、グアバ2本が届きます。

来週からは、来季のイチゴの出来栄えを左右する苗取が2週間始まります。

余裕が有るのも、今週限り。

様々な農園やタキイなどの苗屋さんから苗木を購入しました。

私のように、残り人生が少ない人は、良く苗を調査して購入すると良いでしょう。

反省1.栽培している農園から直接購入すると良い苗が購入できます。

  2.少々高くても大苗が良いです。

  3.鉢植えがお奨め。鉢植えでなく土を取り根だけで来る苗は、良くない。

どの品種が成功して、どの品種が失敗するかは、不明です。

新しい品種の栽培に挑戦して、館長が知らなかったことが次々と明らかになっていくのが楽しみです

無農薬野菜は、栽培を前にしてもう買い手が決まりました。

写真1.シャインマスカット。孫が大好きなブドウです。明日、仲間のプロに来てもらい、

    栽培の指導を受けます。もう棚も出来ています。

写真2.右が今売り出しの「紅秀峰」。左が「さおり」

写真3.光咲が大好きな梨。右は、「大天梨(ダイテンリー)」。左は、「ヤーリー}」

   梨は、2品種ないと受精がしにくいそうです。

写真4.孫が大好きなみかん。右が「せとか」。左が「西南のひかり」。

写真5.館長が台湾に行ってから病みつきになったライチ。

右が、「らいち もちごめ」と「ジャカパッド」

本日、ジャカパッドが届きましたが、嬉しいことにもう実が付いていました。

真ん中のライチは、瀕死の状態のライチ。食べたライチの実の種を昨年まきました。

写真6.3年前から育てているレモン。昨年は、各70こなりました。

今年も花盛り。なり疲れが心配。

写真7.右が今日届いた「グアバ」と左が「アップルマンゴー:アーウィン」。

グアバは、ヒョットシテ美味しい果物に化けるかも????

マンゴーは、奇形ですが実が1個なっています。

写真8.レモンの2本の木には、実が沢山なっています。

10月収穫予定。

写真9.マンゴーの実。食べれないと思うがどこまで成長するか楽しみ。

摘果もしないのに1だけ実をつけた。

写真10.みかん「西南のひかり」。何とか味見で1個ならしたい。

運が良ければ、「せとか」も花が咲き実がなるかもしれません

写真11.ライチ:ジャカパッドの実。今日届きましたが、ラッキーなことに実が付いていました。

来年は、もっと期待できそう。ライチは丸い実を想定していましたが、このライチは長細いかも???

 

南国果物・無農薬野菜の多目的ハウスの完成が近づいてきました。    2019.06.10 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 本格的な梅雨の前に、南国フルーツと無農薬野菜の多目的ハウスの完成が近づいてきました。

何とか、外装は梅雨入りまでに完成しました。

館長は、孫の光咲や光平に安全な無農薬野菜を食べさせてあげたい。孫たちが大好きな果物や

南国の入手困難な果物を食べさせたいと言う一心で、この果物と無農薬野菜の多目的ハウスを建てています。

英子社長も野菜作りが大好きなので、思う存分野菜を作らせてあげたいです。

館長は、これまでの無農薬野菜の技術を拡大したり、未知の果物作りの技術に挑戦です。

無農薬野菜には、LED蛍光灯を導入予定。

しかし、周りの果物に悪い影響が出ないか心配です。

春先から冬までは、果物を収穫して、果物の木の葉が落ちる時期の12月頃から春先までは、

果物の木の下で無農薬野菜を作ります。つまりそれぞれ、付加価値の高い時期に収穫する多目的ハウスです。

果物は、全て鉢に植えて栽培します。

当初は軽い気持ちで安いハウスを作る予定でしたが、館長の過去の経験を入れて日本最高のハウスになって

しまいそうです。

1.無農薬栽培技術。

2.イチゴを甘く作る技術

3.収穫量を増やす技術。

4.雪害や台風対策。

いちご狩りのお客様には、無農薬野菜の摘み取りも1日限定数組を考えています。

5〜10年後には、入手困難な美味しい果物も皆様におすそ分け出来るかな?

一番の問題は、館長が何歳まで生きていられるかです(笑い)。

館長は、死ぬ最後の最後まで全力で生きていくつもりです。

ハウスの仕様

1.面積144屐複M*24M)

2.天窓自動

3.サイドカーテン開閉自動。

4.天井黒遮光カーテン(手動)

5.暖房自動。

6.局所炭酸ガス(自動)

7.天井にミスト(自動)

8.給液装置(自動)

台風・積雪対策 パイプ直径22mm➡32mm

        48mmパイプの補強

   天窓の抑え3か所。

今後野菜のベットの上には、LED蛍光灯を付けて収穫量を増やす予定。

(材料は入手済みだが、一部技術的に不備があり、使えない)

写真1.5月24日に骨組みが完成。

写真2.6月5日外装が完成。

写真3.6月7日ハウスの通路マット敷が完成。

写真4.6月7日暖房機を搬入。いちご狩りハウスから古い小型の暖房機を移動。

いちご狩りハウスは、大型の中古の暖房機を安く購入した。

真5.イチゴ狩りハウスからレモンや南国果物を移動。

まだ購入したばかりの苗のため、ハウスが大きく見える。

両サイドは、無農薬野菜を作るベットです。

外側2列は、根菜類。内側2列は葉物野菜です。

館長の南国果樹園物語;イチゴ狩りハウスの中でアップルマンゴーの花が咲き始めました。    2019.03.20 Wednesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

4月14日までご予約が入っています。

ゴールデンウイークは、30日から5月3日までご予約が入っています。

館長は、今年から趣味で果樹のハウスを建てることにしました。

これから、生育状況など記録に残します。

今、ハウスの中でアップルマンゴーの花が咲き始めました。

初めてマンゴーの花を見ましたが、小さな蕾がが沢山見えます。

その内1個の花が咲きました。

マンゴーは、1000個ぐらい花がすくらしく、受精するのは8パーセント前後らしいです。

また、雄花と言われる実がならない花が咲くらしい。

まだ、当館のマンゴーには見つからない。

写真1.マンゴーの花。

写真2.2月のアップルマンゴーの木。

この先端の2か所に蕾が沢山ついています。

写真2.レモンの花が咲いています。

今年のレモンは、鉢広げをしたので、花が1月から咲いています

神奈川県の希望が丘高校の化学部のOB会に出席。    2018.12.09 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

   大変申し訳ありませんが、1月4日まで、ご予約の定員に達しました。

つきましては、1月4日まではご予約をお受けできません。

 

 昨日は、神奈川県の希望が丘高校の化学部のOB会に参加。

場所は、横浜で開催されました。

久しぶりに、横浜駅に行きましたが、東口があまりにも変わっていたので驚きました。

相変わらず、沢山の人がいてにぎやかな駅でした。

皆さんは、館長が生物部にでも入っていたと想像されていたでしょうが、

実は、化学部と言う革新的なクラブに所属していました。

今日は、同学年だけの集まりでしたが、来年からは学年を拡大してOB会を盛り上げるらしいです。

主たる活動は、毎年の文化祭で化学反応を使ったマジックショーが、メインだったような気がします。

一部の悪友は、爆薬を作ったりしていたようです。

時には、ダイナマイトを作り爆発させて部室の天井を真っ黒にした人物もいました(笑い)。

館長などは、黒色火薬の作成と可愛いものでした。

皆さん卒業してから半世紀も過ぎて、それぞれ個別の道を歩み、

現在も様々な生き方を選んで、有意義に生活されているようです。

幸いなことに、それなりの病気は無事克服して亡くなる方もおられず元気でした。

今日も楽しい1日で、元気をもらって帰ってきました。

往復7時間の電車は、少し疲れました。

 

母の命日にお墓参り(9月5日のブログ)    2018.09.24 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 館長の母は、9月5日に亡くなりました。

毎年、イチゴの苗作りで命日にお墓参りが出来ませんでした。

今年は、順調に仕事が進んだので、初めて母の命日に横浜までお墓参りに行きました。

館長のイチゴを、一番楽しみにしてくれたのが、母でした。

今年も、生きていたら母が喜ぶようなイチゴ作りを目指します。

母の大好きだったお花(自宅から持っていきました)と果物をお供えしました。

館長も70歳になり、何時亡くなってもおかしくない年になりました。

大した病気ではありませんが、持病は自慢ではありませんが、2〜3個あります。

 

館長の前立腺がんは、完治しました!しかし、外部からの放射線の副作用に苦しんでいます。能登から富山の旅に行きました。    2017.11.22 Wednesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 昨年の8月末に前立腺がんの治療として「小線源療法」を行いました。

8月末に、前立せんそのものに放射線を帯びた金属を約70本近く打ち込み、

9月に外部から放射線を当てる治療でした。

前立せん癌を表すPSAは、6から0.2まで下がり前立腺癌はほぼ完治したと言えるでしょう。

8月までは、放射線の副作用もなく順調に生活していましたが、9月から徐々に副作用が出てきて

トイレの回数が増えたり前立せんの裏側の腸から出血したりしてきました。

出血と言っても微量なので、毎食後「出血止め」と「血管を太くする」薬を飲んでいますが、いまだ効き目は

有りません。トイレの回数は、加齢の影響であれば直らないし、放射線の副作用であれば時間はかかるが、

直るそうです。

トイレに行く間隔さえ間違わなければ、今までと同じ生活ですので、ご安心ください。

旅行や買い物に行くときは、少しトイレに気を使わなければなりません。

特に、イチゴ栽培に関しては全く問題ありませんので、今年も皆さんに美味しいイチゴをご提供します。

そんなわけで、元気なうちに好きな旅行に友人と出かけてきました。

目的地は能登半島一周と富山の「とっと家」に行くことでした。

不幸なことに当日の朝友人が足の骨を骨折し一緒に行けるか心配していましたが、奇跡的に仲良く4人で

行くことが出来ました。しかし、骨折した痛い足を引きずりながら旅行した友人は、痛くて大変だったと

思います。不幸は重なり、11月18日から今年最高の寒波が訪れ12月下旬の気温となり寒かったです。

更なる不幸は能登半島や富山は今年の初雪で雪の中を恐る恐る運転しました。

幸い、車はスタッドレスタイヤに交換して行ったので安全でした。

 松本を12時頃に出発したので、能登の旅館「高州園」に着いたのは、夕方の17時半頃でした。

途中安房峠は、当然雪が積もっていました。ノーマルタイヤの軽乗用車が、ガードレールに突っ込んでいました。

怖いものを見てしまいました。

今回の一番の反省は、カーナビが4年前で2か所行きそびれてり間違えたりしました。

北陸は、東京からの新幹線で急速に変化を遂げているようです。

写真1.雨で高州園の写真などは撮影できず。夕食はまず、鮑のイ踊り焼き!

本当に生きていて、可愛そうでもあり美味しそうでもありました。

高州園さんは、接客が非常に良かったです。当館も見習わねばと思いました。

写真2.能登牛。石焼で軟らかく美味しかった!

写真3.北陸では定番ののどぐろの塩焼き。お刺身は、お腹がすきすぎて

写真を散る前に食べてしまいました。(笑い)。

写真4.21時からは、「御陣乗太鼓」を鑑賞いたしました。

写真5.朝食も写真のようにご馳走でした。

写真6.さ〜出発!え〜外は雪と言うよりは、吹雪でした。不思議なことに能登半島の

場所により雪が積もっていたり積もっていなかったりでした。

安全運転のつもりが、写真を見ると時速63Kmでした(笑い)。

結構飛ばしていたかも・・・・。いま反省しています。

写真7.能登の棚田をトイレ休憩しながら見ました。一枚一枚の田が小さいのには

驚き。夜はライトアップが見られるそうですが、寒くて行きませんでした。

写真8.今回の目的の一つは、珠洲市で七輪を買うことでした。

人気のあるタイプは、売り切れで今注文しても数か月待ちになるそうです。

サンマが焼ける長方形の七輪を購入しました。館長の想像を超えるお値段でした。

写真9.途中七尾の市場で食事したり、高岡の生能の錫鋳物を見学したりしながら

ホテルに向かい、ホテルから富山の知人と「とっと家」に向かいました。

丁度5周年記念の最中で混んでおり、ようやくカウンタ席が取れました。

骨折した友人がいたので、カウンター席が座る座敷より良かったです。

写真10.富山に来たらまず、湯出たての甲箱蟹が最高!

自分で殻を取るのは大変ですが、料理人が綺麗に身を並べてくれているのを食べるのは

最高に美味しい。内子が美味しいし足の身も味が濃く美味しい。

写真11.バイガイや白エビのお刺身は、やはり地元の新鮮なものが美味しい。

歯ごたえがたまらない。

写真12.蟹のお刺身。これも取れたての蟹が一番おいしい。

蟹味噌とカニの身も病みつきになる。

写真13.1匹3000円もするのどぐろの塩焼き。これぐらい大きくなると

油が乗っており皮まで美味しい。

写真14.最後は蟹のお寿司です。「とっと家」自慢の赤酢を使用。

蟹サラダとカキの春巻きと白子の天ぷらは、写真を撮るのを忘れました。

写真15.魚津の蜃気楼で最後の鮮魚を購入。

後ろの立山は雪で真っ白でした。

写真16.海は北陸独特の天気で、ぼんやり見えました。

最後に「きときと寿司」で北陸の地元の魚のお寿司を堪能した。

 

リニア新幹線の実験線で時速500Kmを体験。まさに飛行機並みのスピードと乗り心地!    2017.10.20 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 昨日、山梨の都留にあるリニア新幹線の実験線で時速500Kmを体験してきました

リニア新幹線は、10年後の2027年に完成しますが、館長はそれまで生きているか不明・・・。

今回の一足早い、試乗で満足しました、

館長の住む宿成島地区は、2027年にリニア新幹線が開通します。

館長は、自治会長として住民とJR東海の間の連絡役を担っています。

リニアの通り道に当たる皆さんは、なかば強制的に住んでいるところを離れなければなりません。

移転される方にとっては、大問題なのです。

少しでも住民の皆さんのご要望に近い線で交渉がまとまることを祈りながら、見守っております。

今回、JR東海様のご提案で、少しでもリニア新幹線をご理解いただけるように、リニア新幹線の

実験線の試乗立ち合い会が、行われました。

館長の自治会からは、4名の役員が選ばれました。勿論、リニア開通に伴い移動される皆さんも

ご招待されています。

 

 リニア新幹線は、ある程度のスピードになるまでは、車で走行し、高速になると超電導で走行します。

時速500Kmの高速になるときは、飛行機が離陸するような重力が体に働きます。

想像していたより振動と音は大きく思われました。若干高いところに上ったような耳鳴りも感じられました。

超電導に関する感覚は全く感じられませんでした。

500Kmと言う高速で走るのに、座席にシートベルトが無いことに違和感を感じました。

(事故が起きたらどうなるのでしょうか?)

車内は、普通の新幹線と同じだが、幅が少し狭く感じられた。窓は、飛行機の窓とほぼ同じ。

 リニアの外では、走行時の音や振動が大きく感じられました。

当館の真横20メーターをリニアが走るので、いちご狩りのお客様もし少し驚かれるかもしれません。

イチゴに対する超電導の影響は、不明です????

写真1.先頭車両の鼻が異常に長く感じられました。流線形は美しい!

写真2.飛行機とほぼ同じの窓。200Km以下でないと、景色は見えなかも。

今回、高速時は全てトンネルなので外の景色は見えまっせんでした。

現在は、甲府盆地が見えています。

写真3.高速時のリニアを外から移した写真。モニターに写っていました。

写真4.いざ出発!

写真5.時速188Kmの時の運転席から見た写真。

写真6.最高時速500Km!

 

佐野農園さんのイチゴの苗(章姫・紅ほっぺ)の定植が7割がた終わりました。昨日、松茸三昧でした!    2017.10.02 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

佐野農園さんのお嬢さんと奥さんの頑張りで、紅ほっぺや章姫の定植が終わりました。

残りは、「かおり野」で納入待ちです。

今日は、消毒のノズルが「有光」さんから届いたのでプレゼントしに行きました。

消毒も良い道具(ノズルの噴口)で変わります。

 

 昨日、館長は駒ヶ根のいちご園に苗を少し届けに行きました。

その帰りに、友人所に行ってきました。1〜2か月ぶりに苺の作業を休みました。

お昼を館長お気に入りの「のんび亭」ご馳走になりました。

松茸を食べたかったのですが、今年は不作と言うこともあり、諦めていました。

何と「のんび亭」に松茸が置いてあり、好みに料理してくれるとのこと、早速1本2400円の松茸を購入して

4人の土瓶蒸しに入れていただきました。

松茸の香りは、土瓶蒸しが一番です。

 

 食後に、松茸を購入しに行きましたが、有るとは思っていないし、松茸が有っても高くて

買えないと思っていました。

奇跡的に「わけあり松茸」がお手頃なお値段で販売されていましたので、即購入!

写真1.佐野農園さんの紅ほっぺ。少し大きくなったんので葉欠きをするように指導してきました。

写真2.佐野農園さんの章姫。こちらも一部葉欠きするよう指導してきました。

写真3.「のんび亭」さんで販売されていた松茸。まだ小さいものしかありませんでしたが、

予想通り高い値段でした。

写真4.早速美味しいお蕎麦とキノコの天ぷらで昼食。そこに先ほど購入した松茸で土瓶蒸しを

作っていただきました。この年になると、美味しいものを食べている時が一番うれしいですね。

一番うれしいのは、美味しい位置がが出来たときですが・・・・。

写真は、食べる前に撮るべきでした。天つゆの中にはマイタケなどのキノコの天ぷらが沢山!

写真5.訳アリの松茸。

もし、これがわけ有りでなければ、数万円するでしょう。

しかし、最後の1個を超安値で購入!!!!!

持ち帰って「松茸ご飯」と「焼き松茸」で食べました。

量が多いので、「松茸ご飯」のなかに沢山の松茸を入れることが出来ました。

ご飯の中は、松茸のいい香りがしました。

孫の光咲は、「焼き松茸が大好物」です。

左は、「ショウゲンジ」と言うキノコで、お味噌汁で食べましたが、シャキシャキしていて

美味しかったです。

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

アーカイブ

コメント

  • ジャム用冷凍イチゴの残りが、40Kgを切りました。在庫が無くなり次第、販売を終了します。
    館長 (05/30)
  • ジャム用冷凍イチゴの残りが、40Kgを切りました。在庫が無くなり次第、販売を終了します。
    まい (05/30)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (05/30)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    まい (05/30)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    間宮節子 (05/28)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (05/10)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    宮 (05/09)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (04/21)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    佐伯 (04/21)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    マエダカツミ (02/25)

トラックバック

ブログ内検索