山梨県いちご狩り

ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と料金のご説明。    2015.04.03 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

大変申し訳ありませんが、4月30日までご予約の定員に達しましたので、
4月30日まで、ご予約をお受けできません。

 
今年はいちごが不作のため、ジャム用イチゴの入手も難しくなるでしょう。
4年前から始めた、ジャム用イチゴの通販は、相変わらず人気です。
今年もリピーターや新規の客様から沢山のお問い合わせとお申し込みをいただいております。
基本的には、5月以降の発想になりますが、現在は20〜30Kgの在庫があります。

在庫については、ご注文があり次第発送いたします

1.基本的にはご予約された方から発送いたします。
2.
ヘタを取り洗浄後冷凍したイチゴをお届けいたします。
  (1)料金800円/Kg
  (2)
お高く感じられますが歩留まりが100パーセント。
     ヘタ取の手間が省けるなど、一度ご利用になると
     ご理解いただけるでしょう。
  (3)イチゴの糖度が高いので、
お砂糖は20パーセントと少なめでよい。
  (4)今年は、4月13日までは、無農薬のイチゴ(毎年変わります)で安心。
     在庫品は、無農薬です。

     その後は、化学農薬を1〜2回ぐらい使用いたします。
  (5)
イチゴの香りが良い。
  (6)完熟によりコクのあるジャムが出来ます
3.お支払いは、
原則代引きでお願いします。
  (銀行振り込みは、発送前にお願いします)。
  代引き手数料金は、324円
4冷凍のため
クール代金216円が必要。
5.送料
  
  関東 関西・北東北 九州・北海道
2Kg 756 864 1188
5Kg 972 1080 1836
10Kg 1188 1296 2376


写真1.冷凍のジャム用イチゴをお鍋で解かします。
この時、イチゴの粒を崩さないようにお鍋を振るようにして解かします。
 写真2.灰汁が亡くなるまで根気よく,灰汁を取ります。
灰汁取りが少ないと、カビ臭く感じることがあります。
 写真3.灰汁を取りの除いたら、レモンかシュウ酸でイチゴの赤い色を鮮やかにします。イチゴ約4Kgに対して、レモン1個弱にします。


写真4.当館のジャム用イチゴは甘いので、お砂糖は20〜25パーセントぐらいで十分です。
 粒々感を出したいときは、お鍋の底が焦げない程度にかき混ぜる。
 写真5.館長は、休憩の時、リッツにイチゴジャムを付けて食べるのが大好きです。

 

いちご狩りハウスは、4月中旬の暖かさでした。    2015.02.23 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

大変申し訳ありませんが、3月31日までご予約の定員に達しましたので、
3月31日まで、ご予約をお受けできません。


 今日は、少しご予約のお問い合わせの電話が減りました。
今朝は、最低気温が8度、最高気温が21度、ハウス内温度28度と
4月中旬の気温でした。

写真は、メチャクチャ明るいご家族でした。

イチゴの通信販売を一時的に停止いたしますのでご了承ください。    2015.02.10 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。 

 大変もうしわけありませんが、3月22日まで、ご予約の定員に達しましたので、
3月22日までは、ご予約をお受けできません。

 
いよいよ、明日は館長が出演するフジテレビの「TOKIOカケル」の
放映があります。

館長が紹介する4品種(現在は公表できません)は
当館で栽培しておりません。
しかし、テレビを見た視聴者は当館で栽培していると誤解される方が多数出ると思います。
その結果、日本全国から通販でご注文が来る可能性があります。

従って、視聴者の皆さんがイチゴの注文が出来ないように、
今晩から当分の間、「当館の通信販売」を停止します。
ご了承ください。


12年前、「はなまるマーケット」から独占取材を受けました。
放映後は、日本全国から通販が殺到してホームページが炎上しました(笑い)。
返事を書くだけでも、徹夜の連続でした。


 

クリスマスケーキ用イチゴの出荷を開始。    2014.12.18 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

 2番花の収穫が開始できる、1月末までご予約の定員に達しましたので、
12月20日から1月25日までのご予約をお受けできません。


 今日も若者が、いちご狩りに来てくれました。

今日からクリスマス用イチゴの出荷が始まりました。
当館のイチゴは、無農薬(残留農薬ゼロ)・イチゴのツヤが良い・日持ちが良い・
酸味と甘さのバランスが良いなどでケーキ屋さんに人気があります。

しかし、クリスマスケーキの時期に小粒のイチゴをそろえることは、
至難の業です。

今年は少し粒が大きすぎたようで、ケーキ用の箱に入りませんでした。
Mサイズの内の上の方でした。

写真1.古沢さまのグループ。山梨県の韮崎から来られました。
2月の雪害の事を心配してくれました。



写真2.鷺様のグループ。皆さん楽しそうですね!


写真3.収穫したMサイズのアスカルビー・かおりの・べにほっぺ。
理想的には、30個/トレイですが、少し大きくて24個/トレイが
ほとんどでした。



写真4.県外に出荷されるケーキ用イチゴ。


写真5.県外に出荷されるお歳暮用のイチゴ。
大粒のイチゴは、少なくなってきたので、お歳暮用のイチゴの出荷は、
ほぼ終わりに近いです。


 

いちご狩りハウスの解体時期;方法の打ち合わせ。収穫出来る期間が短いので、パックと通販を追い込む。    2014.02.21 Friday


今シーズンは、雪によるハウス倒壊により、
断腸の思いで、いちご狩り園を閉園しました。

22日の収穫できるいちごがなくなりました。
24日発送のイチゴの通販をお受けします。

 
沢山のお客様から、お心使いいただきご注文をいただき
心から、お礼申し上げます。


相変わらず、最低気温はマイナス4度、明日はマイナス6度と寒く、
ハウスの上の雪が溶けないが、
昼間少し暖かくなったので雪も解けてきました。
皆様のご支援によるイチゴの贈答用の箱の注文を頂き、今シーズン最後の
出荷をしています。

余ったイチゴは、大粒でもパックにしてご購入いただいております。
パックは、中央市の職員の皆さんが沢山購入してくれました。
感謝!感謝!

この出荷が終わると、12月まで一切収入が無くなるので、皆必死に
働いています。

これから
解体→ハウスの新築→設備の稼働→定植→収穫の道が待っています。
まず。解体屋さんに来てもらい、床のベットを残し、どのように上のパイプを解体するか
相談しましたが、人手による人海戦術が良いと言うことになりました。

外回りのビニールなどは、当館の手で行うことにします。
4月の日曜日に、皆さんの手をお借りしてビニールをはがしたいと思います。
高い所の危険な作業は、事前に館長と穴山君で行います。


写真1.谷下に溜まった雪が溶けてきました。
大きくビニールに穴を明けても、その周り雪が落ちてきません。
ここは、比較的日が当たるので雪の解けが早いです。



写真2.ハウスの棟の中央に固まって下がった雪は日が当たりにくいので、
溶けが良くないです。

まだ全体的に雪が残っています。



写真3.沢山のパックを中央市の職員の皆様がご購入くださいました。
中央市の市長さんを始め、市の職員の方がご来館され、私たちの
支援をしてくれます。




 

イチゴの通販をお受けいたします。収穫できるところがなくなりましたら、出荷を終了します。    2014.02.21 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

今シーズンは、雪によるハウス倒壊により、
断腸の思いで、いちご狩り園を閉園しました。

短期間になると思いますが、イチゴの通販をお受けいたします。

 
沢山のお客様から、お心使いいただきご注文をいただき
心から、お礼申し上げます。


何日まで対応が可能か不明ですが、少しでも再建の資金として
確保したいと考えております。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

現在は、倒壊したハウスの危険な場所を避けて出荷しております。

来週は、雪が解ければ安全なエリアが増え、
もっと収穫範囲が広がるかもしれません。


ご注文いただいても、収穫できない場合は、勝手ながらご注文を
キャンセルさせていただきます。



 

いちご狩り園の再建へのスタートは、除雪でした。数々の応援のお電話やメールやコメントありがとうございます。    2014.02.18 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

今シーズンは、雪によるハウス倒壊により、
断腸の思いで、いちご狩り園を閉園しました。


今朝は、運の悪いことに今年最高の寒さで、マイナス5.7度でした。
このため、ハウスに積もって残っている雪がほとんど氷、解けにくくなりました。


今日も沢山の皆様から、励ましのお言葉を頂き嬉しく
思うのと、勇気を頂いております。


特に嬉しかったのは、当館のお客様で、10年間ほぼ毎日、館長にメールを送ってくれた、
難病と闘っているOさんから、激励のお電話を頂いたことです。
今、館長が一番合いたい人です。


来シーズン再建への道の第一歩を踏み出しました。
まだスタートしたばかりでが、これからは
乗り越えなければならない難しい課題が山ほどあります。
しかし、今は目先の、一歩一歩自分が出来ることをしていくしかありません。
当面は、愚直に再建をめざし従業員全員で頑張ります。

まずは、いちご狩りハウスへの道に積もった51Cmの除雪です。
田んぼの中の道は、市の除雪車も手が回りません。
とにかく、いちご狩りハウスに車で行けるようにしないと、
何もできません。

ハウスの出入り口は、
雪で傾き開け閉めがなかなか出来ませんが、
無理やりこじ開ける。

電気は、200ボルトが漏電により死んでいます。
電気屋さんも、なかなか来てくれませんし、
来ても倒れたハウスでは、復旧は難しいかもしれません。
とりあえず、
水は自宅から持参、トイレの水は、川の水をくみ上げて
使っています。

幸い、100ボルトは、生きているのでポットや電子レンジが使え、助かります。

50Cm雪が残っている80mの道の除雪に、6人で半日以上かかる。
雪の上の作業は、足が冷たいので大変で、自宅を含め3日連続の
除雪には、筋肉痛と疲労が溜まる。


来シーズンの親株を、いちご狩りハウスの安全な場所(完全に倒壊しにくい
場所)に移動する。

この親株が無くなれば、来シーズンの再建は、不可能です。
4日間親株の苗に水を与えていないので、土が乾いてしまって可哀そうです。
200ボルトが使えないので、
ポンプが動かず苗に水を与えることが出来ません

明日は、
自宅のそばに残った夜冷ハウスに、親株を運び水を与えたり、
夜は苗を暖房できるようにします。

そのためには、明日自宅前の道の除雪をしなければ苗を運び込めません。

最高の出来栄えのあかねっ娘(ももいちご)を各自家に持ち帰る。
こんなに大きくて沢山のあかねっ娘(ももいちご)を食べれるのは、
開園以来初めてです。


地方発送をしたいのですが、山梨の県外への道は全て通行止めのため、
クロネコさんは、動けません。


ようやくいちご狩りハウスの傾きが止まりました。
これで、少しは、安全になりました。
いちご狩りハウス内は、必ず2人で動き、万一に備えます。
1.入り口左。傾きが止まる。


2.入り口右の作業場。こちらは傾きが少ないので、
安全に仕事が出来そうです。



3.ハウス奥の北側。傾きが一番おおきく、
ベットにぶつかって倒れが止まっています


4.中央のセンター通路のパイプは、人が通れないぐらい倒れました。
もう、これ以上倒れないでしょう。


5.いちご狩りハウスの次に、大切な館長のモットー「最高品質に挑戦」が
床に落ちているので、大切に保管しました。



6.51Cm雪が積もっているハウスへの80Mの道。
この除雪には、途方もない労力が必要です。



7.除雪が終わり、4日ぶりにいちご狩りハウスに車で行けるようになりました。
除雪を行うには、雪が凍っている方が塊が大きく、早いです。
この道の右側の小川に雪を捨てれば、除雪が楽です。



8.たわわに実っている大きなあかねっ娘(ももいちご)。
過去最高の出来栄えです。通行止めで、皆様にお届けできないのが悔しい。
この可愛い形と早く食べてくださいと、そっくり返ったヘタ。


9.こんなに大きくそろったあかねっ娘(ももいちご)は、過去最高の出来栄えです。
生まれて初めて、一度にこんなに沢山ももいちごを食べれます(笑い)。


 

一時閉園のお知らせ。開園できそうになりましたら、ホームページやブログで公開します。    2014.02.15 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

2月14日から15日の雪で、いちご狩りハウスの屋根がつぶれました。
つきましては、当分いちご狩りが出来なくなりました。

一時閉園します。
再開に向けて頑張りますが、今シーズンの復活は難しいかもしれません。
再開については、ホームページやブログで公開します。

 

いよいよ、クリスマスのケーキ用イチゴの発送が始まりました!14年間、グルメいちご館前田に勤めてくれた寺田さんが退職で悲しい。    2013.12.20 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

大変申し訳ありませんが、1月3日までご予約の定員に達しました。

収穫量が増え次第、追加ご予約をお受けいたします。

山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。

土・日は、館長のブログをご参考ください。

今年の中で、今日ほど悪い方向に天気予報が外れたことはありません。

2日間連続で曇りと雨で、イチゴが赤くならないで困っていたので、

今日の
晴れの予報を心から期待していました。

しかし、風も強く大雨で、おまけに寒いと来ました。

クリスマスケーキ用のイチゴやお歳暮を頼まれていたので、

この天候でイチゴの収穫が遅れることは、非常につらい。

写真1.ケーキ用のイチゴで紅ほっぺ。

当館はケーキ用として紅ほっぺとアスカルビーを使用しています。





写真2.県外に届けられる大量のケーキ用イチゴ。

1軒の有名店では、2000粒以上(20Kg以上)のイチゴが使われます。

今年からケーキ用イチゴに挑戦しましたが、これが意外と難しい。

なぜならば、イチゴの大きさでケーキ用に適している大きさが限られているからです

しかも、
ケーキ用に適した小さいイチゴの収穫時期を、クリスマスの21日〜23日に

合わせることが、非常に難しい。




写真3.この3日間の悪天候で、贈答用イチゴ・お歳暮の出荷が激減です。

通常の半分以下の出荷量となりました。

これ以上遅れると、お歳暮でなくお年賀として予約を受けるようになります。




写真4.14年間前からグルメいちご館前田の立ち上げを手助けしてくれた、

寺田さんが今日で退職します。日の雨は、館長の悲しい気持ちそのものの涙雨でした。

富士山の雲も、ようやく夕方に少なくなってきました。

周りの低い山々は、雪でした。




写真5.寺田さんの最後のお別れに、館長と寺田さんと後継者の穴山君と3人

記念撮影をしました。

5月までの土日や祝日は、寺田さんに来ていただき、
昨年までと同様

あかねっ娘(ももいちご)をお客様にお渡ししていただきます




写真6.16日の寺田さんの送別会での写真。

皆、14年前より、お年を召されました(笑い)。






 

お誕生日のお祝いに使うケーキ用のいちごを出荷。業務用イチゴの出荷の準備も進んでいます。    2013.11.20 Wednesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。

大変申し訳ありませんが、いちご狩りは、12月25日までご予約の定員に達しましたので、

25日までは、ご予約をお受けできません。


収穫量が増えましたら、12月16日頃に追加ご予約をお受けいたします。


朝、顔が冷たくて目が覚めました、何とマイナス1度と寒い朝でした。

いちご狩りハウスは、10度近くに暖房してあるので朝食を早めに済まし、

いちご狩りハウスに出かけました。

今まで、パックサイズのケーキ用のイチゴのご注文は、
輸送中に傷むので

お断りしておりました。


今年から業務用ケーキイチゴを取り扱うことにしましたので、その運搬用の

トレイと箱を用いて、ご注文をお受けすることにしました。


写真は、お誕生日のお祝い用に使われるケーキ用イチゴです。

左側は、贈答用の少し大きめのLサイズのイチゴ。

右側は、ケーキ用の少し小さ目の2Lサイズのイチゴ。


業務用イチゴは、もっと小さいイチゴが多いです。



 

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

アーカイブ

コメント

  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    藤井英寿 (04/09)
  • いちご狩りハウスの雪害の補助金の最終申請を行いました!
    館長 (02/17)
  • いちご狩りハウスの雪害の補助金の最終申請を行いました!
    ひたむき農夫 (02/17)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (04/14)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    倉橋 良子 (04/14)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (05/04)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (05/04)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    岡田 久美子 (05/04)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (03/30)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    横山尚美 (03/28)

トラックバック

ブログ内検索