山梨県いちご狩り

前立腺癌の治療として「小線源療法」の手術を終えました。9月末から放射線療法をスタート。    2016.09.11 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 蒸し暑い日々が続きます。

この分だと、イチゴの花芽分化も例年より遅れそうですね

当館は「短日夜冷処理」8月に開始して、9月15日から収穫を開始します。

収穫は12月上旬の予定です。

 

 広島カープ優勝おめでとう。

今シーズン、一番勝負に拘ったチームでしょう。

心から、お喜び申し上げます。

我が巨人は、よく2位の順位をキープしています。来シーズンの優勝を祈る次第です。

 

 館長は4月に前立腺の癌が判明しました。

館長の前立腺癌は、初期で痛みもなく死に至る心配もない、一般の癌に比べれば心配するほどのものではありません。

従って、手術の手段や時期は、本人の判断でお医者様相談しながら決めました。

苗取りが終わり今シーズンの出来栄えが確保できた時に手術。

お客様と接する12月には、放射能の放出もなくなり、手術の副作用がおさまる。

 

 館長は、前立腺がんの手術として「小線源療法」と「放射線療法」の併用を選びました。

理由は、「手術の痛みが少ない」事と前立腺の機能を残すことにより、「男性ホルモンが継続」出来ることでした。

やはり、農業を継続するには男性的な筋力が必要となります。

手術そのものは、麻酔中の3〜4時間の間に行われて、「前田さん終わりました」と言われるまで

痛くもなかった。その後も今日まで痛みはありません。

心配な点は、手術で前立腺に要素125を帯びた金属を埋め込むため、体内に放射線の影響。

手術後、体の外から放射線を当てるために、放射能による体内の膀胱・前立腺・直腸に障害が出る可能性が

あることです出ないことを信じて手術を受けました。

 

 8月24日から「3泊4日」の手術と軽い気持ちで病院に行きましたが、

手術後の3日間は原因不明の40度前後の高熱が出て、退院が3日間も遅れてしまいました。

 

8月24日の午前中に入院。

1.午前中に剃毛する。バンソウコウを貼るので、剥がすときに痛くないように、若い看護師さんが

  バリカンで毛を剃ります。まさか、バリカンとは思っていなかった・・・・。

2.夕食から、絶食。手術中に吐いた時、肺に入らないように胃を空にします。

3.最近の病院は、テレビや冷蔵庫も装備されており、ベットも上下や上半身や下半身が上下できるように

  なっているのに驚いた。

  1人で寂しいので、枕元には、孫の写真を飾った。

 

 8月25日の午前は、手術前で暇なので息子たち家族が見舞いに来てくれた。

痛くない手術と聞いていたので、家族と楽しくだんらん。

 

 8月25日の手術後は、館長の前立腺に要素125の金属が埋め込まれるので、

放射能が減るまで、館長は完全に隔離されます。

館長の部屋は、この奥にあります。

放射能につき入室禁止!

看護師さんたちに常時、出ていかないように監視されています。

看護師さん付きの刑務所でした!

この特別室のテレビや冷蔵庫は、タダで見放題でした(笑い)

この部屋は、鉛で囲まれているので携帯電話は、使えません。

かろうじて、窓の近くに身を乗り出せば使用できました

 

この個室の横の部屋に、通常のトイレと簡易トイレの両方が完備。

 

看護師さんや先生は、この鉛の服を着て、館長に部屋に入ります。

 

25日木曜日の午後から原因不明の高熱39〜40度出て、食事も食べられない。

家族は、この部屋に入れないので1人で回復まで頑張るしかない。

「小線源療法」の一番の欠点は、家族の看病してもらえないことですね!

その分、ボタンを押せば美人の看護師さんが来てくれます・・・・。

毎日、暖かいタオルで体も拭いてくれました。

アイスノン(氷枕)は、頭の下(枕)とおでことわきの下、計3個使って体を冷やしていました。

自宅では、大きな冷蔵庫がないのでとても、アイスノンが間に合わなかったでしょう。

しかし、看護師さんは本当に館長の世話をしてくれました。

感謝!感謝!

 

最初の予定では26日に手術後の様子を見て、27日の退院でした。

そこで、26日の昼と夜は、通常の食事代金に300円を追加して、特別食を注文しました。

残念ながら、高熱で食べることが出来ませんでした。

 

26日の見るだけの特別食。館長の大好きな海鮮チラシでした。

 

26日の特別食の夕食。このステーキも、口にできませんでした。

 

この紙コップは、尿をとり看護師さんが検査します。

本当は、トイレに置いておくのですがトイレまで尿が間に合わないので、手元の

コップに入れました。

なぜなら、点滴のスタンドには、電源が2本あり、トイレに行くまでに2本のコンセントを抜き、

点滴スタンドを引きずっていかなければなりません。それも隣の部屋まで・・・・・。

尿を我慢するなど無理!無理!

28日になると、食欲はないのですが、お腹が空腹になる。

さらに、早く退院して仕事をするには、何か食べて体力を回復しなければと焦ってきた。

お中元に頂いた好物のウナギを届けてもらう。

おかゆも少し食べられて、回復に向かう。

 

届けてもらったシャインマスカットをデザートにした。

 

3日以上、食べていなかったので一度に沢山食べられなかった。

食パンに当館自慢のアイベリーのジャムを好きなだけつけて、少しずつ体力の回復を

図った。

 

3日間続いた高熱もようやく下がり、8月30日の午前中に退院できた。

退院の診察時に、館長がこの病院の「小線源療法」を受けた人の記念すべき100人目だそうです。

しかし何も記念品などもらえなかった。(笑い)。

 

館長の前立腺には、写真のように72本の要素125の針が、手術により埋め込まれていました。

館長の場合は、前立腺ん全体に針が埋め込まれました。

癌の症状により、針が埋め込まれる範囲が異なるそうです。

 

退院後の夜は、1時間間隔でトイレに行きました。

この2〜3日は、2〜3時間間隔でトイレに行きます。

熟睡できないので、困りますね。

 

 前立腺に要素125があるので、放射能の影響で少し体がだるいような気がします。

昨日は、埼玉までイチゴ栽培の指導で行きましたが、通常通り仕事が出来てので

少し安心しました。

今月末からの放射線療法も頑張って乗り切りたい。

11月から12月のは、治療を終え元気な体に戻るはずです。

 

 館長の放射能が新生児や妊婦さんに悪影響を与える可能性があるらしい。

孫の光咲は8歳なので影響はないはずですが、「万万が一、影響を与えない」ように

放射能が半減する60日まで会わないようにしました。

これが、一番寂しいですね!

 

イチゴのポット受けと挿し木の苗取りの合間の一休み。    2016.07.02 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 ポット受けの苗取りと挿し木の苗取りの合間を縫って、

英子社長と三浦半島の三崎港にバス旅行に行ってきました。

皆さん、暑い暑いの連発でしたが、館長はハウスの暑い作業に

慣れているので、暑く感じませんでした(笑い)。

本来は、北陸方面に旅行に行きたかったのですが、

前立腺がんの治療が終わるまで気分的に行く気になりませんでした。

10〜11月には、4〜5日の旅行に行きたいと思っています。

 

 6月26日には、孫の光咲と地区のボーリング大会に参加してきました。

光咲もことのほかボーリングが気に入ったようで、楽しんでおりました。

館長も頑張って参加しましたが、自分が思っているように体が動かず、

100〜120のスコアでした(残念!)。

 

 7月1日には、地域の岡島百貨店のバスツアーに当選したので、

鎌倉(鶴岡八幡宮)と三崎港(マグロ)と横須賀の三笠艦を見学に行きました。

当選と言っても、2人で1万4千円ぐらいお支払いしました。

 

ここ数年は、雪害や不作の影響で時間が出来たので、あちこちに旅行が出来るようになりました。

旅行に行くたびに、旅行を楽しまれている皆さんが、年々高齢化していることでした。

特にバスツアーのお客様は、ほとんど65歳を超えているようでした。

お母様と娘さんというカップルも多くみられました。

 

一番驚いたことは、圏央道が出来たことにより神奈川県の茅ヶ崎や横須賀まで2〜2.5時間で

行けるようになったことです。

これからは、よいイチゴを作れば、関東一円からまだまだ沢山のいちご狩りの

お客様が来館することを実感しました。

来シーズンこそ不作の連鎖から脱却して、沢山のお客様を受け入れしたい。

 

写真1.「あたしは、まだボールが重く感じるの!」「よーし頑張って、投げるぞ〜」

 

写真2.「アッ!ボールを落っことしちゃった!」ばぁばの足に直撃と思いきや、幸いなことに

足には当たりませんでした。英子社長は、平然としていました。見ている方がびっくり!

 

写真3.お母さんと「えい〜や〜」途中までは、真ん中にボールが・・・・・。

最後は右や左に曲がってしまいます。

 

写真4.今度は、ばぁばと一緒に投げました。

ばぁばの陰で光咲は、ほとんど見えません(笑い)。

 

写真5.今シーズン最後のジャムを作りました。結構ジャムのリピートオーダーが来ますが、

今回で最後です(大半が自宅用です)。

 

写真6.鶴岡八幡宮参拝の前に、まず「山安」で魚の干物をゲット!ここは、

安くて・品質も良いので有名です。

 

写真7.鶴岡八幡宮に久しぶりに行きました。今回は、狭く感じました・・・。

小さいころに来たイメージが強いのでしょうか?

今は、七夕の準備です。

 

写真8.毎月の1日と19日は、10人の宮司様が境内を祝詞を上げるために、

順番に回るそうです。

 

10人の宮司さんは、カラ・コロと足元の下駄の音を合わせなが歩きます。

 

写真9.日露戦争で大活躍した戦艦「三笠」を見学。

記念艦のために、動けないよう陸に埋めてあります。

日本の誇りと言える、軍艦です。

世界に記念戦艦が3隻あるそうです。

その当時は、前後の2門の大砲が大きく遠くの標的まで狙えたので、相手艦船に撃たれることなく

大活躍できたのでしょう。

 

 

館長は、前立腺癌の治療方法を決めました。    2016.06.25 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 6月10日に検査入院をして、6月15日に先生から検査結果を詳しく説明していただきました。

前立腺癌は、大したことはないといろいろの人から聞いていましたが、「やはり癌は、癌です!」

癌の進行は遅いのですが、完全に癌を取り除かないと体の骨や内臓に転移するそうです。

1.骨や内臓に癌の転移は見つかりませんでした。

2.館長の前立腺がんは、

PSA5.4と比較的低い。

∪幻,粘發糧楼呂前立腺の25パーセント前後(8本の針の内2本から癌が見つかった)。

8つかった癌の組織を顕微鏡で見たグリソンスコアは、「3+3」と6で低い。

(7〜9は、前立腺の摘出が望ましい)。

づ尚椶覆掘(癌は前立腺内にとどまっている。)

以上のことから、館長の癌の進行状況は、「ステップ2」とか「初期リスク」の

初期段階で、根治処置をすれば、危険性は少ない。

 

 

この初期段階で、治療を行えば、

1.5年後の生存率は、99パーセント以上。

2.10年後の生存率は、治療方法により70〜90パーセント。

 

 館長は、自分の寿命を70歳ぐらい思っていました。

癌になることにより、自分の残された寿命を考えるようになりました。

館長がこれから平均寿命を生きれると考えた場合、残りの寿命は約15年です。

とりあえず、残り10年を元気に生活できて、生きることを目標としました。

残された人生は、

1.今以上の最高のイチゴをお客様にご提供したい。(不幸にして2014年の雪害で

 館長がやりたいことが3年間出来なかった。)

 ○無農薬栽培の横展開

 ○異常気象に負けないイチゴ栽培の確立

2.馬車馬のように働いてきたこれまでの人生と決別して、家族や親せき友人と

 楽しく生きていく。

 

前立腺癌の治療法には

1.根治的前立腺摘除術(前立腺など摘除)

2.放射線照射

3.小線源治療(放射能を帯びた針70〜200本を、前立腺に埋め込む)

4.内分泌両方

 

 家族や館長は、完治を考え「根治的前立腺摘除術(前立腺など摘除)」を検討しました。

しかし、どの治療にも一長一短があり、十分検討する必要があることが分かりました。

前立腺がんの治療は、先生が決めるというよりは、患者本人が決めることの方が多いようです。

理由は、治療方法にあまり再発性の優位さが少ない。癌の進行が遅いなどが考えられます。

もちろん、進行状況(ステップ)に合わない治療方法は、先生から認められません。

先日までは、インターネットで前立腺癌の情報を詳細に調べました。

特筆することは、様々な癌についての貴重なビデオが無料で見れることです。

館長が最初に見たビデオは、

前立腺がん治療を考える上で大切なこと 田中 宣道 氏

それから、次々と前立腺癌のビデオを有りとあるゆる内容について、見ました。

その結果、前立腺癌の場合、初期段階であれば「根治的前立腺摘除術(前立腺など摘除)」と

「小線源治療」において再発率や生存率において、ほとんど優位差がないことが分かりました

 

「根治的前立腺摘除術(前立腺など摘除)」のリスクは、

1.尿失禁の可能性が残ることです。

2.手術のよし悪しが、手術後の生活に大きく影響する。

3.腹を切るのは、痛みが大きい。(万一手術をするなら、ダビンチがお勧め)

小線源治療のリスク

1.15年後の生存率で根治的前立腺摘除術に若干劣る。

2.最新技術のため、若干副作用があるらしい。

 

残された人生で、尿失禁を気にしながら生きていくことは館長には耐えられないことです。

この年齢になり、手術などの治療を受ける場合は、手術後の「生活の質」すなわち

「クオリティー・オブ・ライフ」が大切になります。

 

したがって、痛みが少なく(笑い)、入院日数が4日と少ない「小線源治療」を選択しました。

「小線源治療」が出来る病院が山梨には、1か所しかありません。

6月27日に診察を受け、手術日を決めたいと思っております。

 

 館長は、元気ですので皆さんご安心ください。

来シーズンには、過去最高のイチゴをご提供して見せます!

 

イチゴのお歳暮の出荷が、ほぼ完了しました。穏やかなクリスマスイブを迎えました。    2014.12.25 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。 

 2番花の収穫が開始できる、1月末までご予約の定員に達しましたので、
12月20日から1月25日までのご予約をお受けできません。

 
今年は、収穫量が例年の30パーセントぐらいなので、
かなりお歳暮やクリスマスプレゼントとしてのイチゴをお断りしました。
その分、クリスマスイブに全て出荷が完了して、ホットしています。

 息子家族と楽しくクリスマスを祝いました。
例年のように英子社長がオーブンで鳥を焼き、ケーキは
館長が、当館のイチゴを使ってくれているケーキ屋さんから入手しました。

 今年は、苦しい雪害からの戦いがようやく一段落して迎えたクリスマスです。

こんな健やかで楽しい時間がこの世に存在するのが不思議に思えました。

写真1.今年の鳥は、丸々太っています。なんて言ったって鳥の皮が
香ばしくて美味しい。レタスはいちご狩りハウスで作った無農薬野菜。
もち米のチマキも美味しい。



写真2.当館のイチゴを沢山使ったクリスマスケーキ。
非常に手の込んだケーキです。(もしかしたら特別待遇かも?)
スポンジのシホンケーキはしっとりしていて最高である。
新鮮な当館のイチゴのため、ミドリのヘタが鮮やかで美しい。
1個のケーキに約20個ぐらいイチゴ(紅ほっぺ)を使っています。
孫の光咲も館長が作ったイチゴと分かると、沢山食べています。

普段、館長以外の人が作ったイチゴは食べません。



写真3.ケーキの中にもイチゴがふんだんに使ってあります。


 

ースペインの光と影ー「大矢 邦昭 絵画展」を見てきました!    2013.10.25 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。

従業員の皆さんと湯村の富士屋ホテルで真夏のご苦労さん会をしました。

昼食の前に、湯村で開催されている、スペインの
と影「大 邦昭様の絵画展」に行きました。

大矢様は甲府出身で、34年間スペインでご活躍されいる方です。


1998年ローマ法王(ヨハネ・パウロ2世)に作品を献上された画家で、

美しい風景と華麗な花々を描かれています。


先日、ひょんなことで当館のいちご狩りハウスに来られました。

そこで、絵画展の開催を知りました。

鮮やかな色彩と繊細なタッチが印象に残りました。


館長のような無骨な人間も、たまには、芸術や文化に触れると楽しいですね!

写真1.絵画展の様子。




写真2.真中が大矢様です気さくな方で、楽しくお話をしながら絵を見せていただきました。

1枚ぐらい絵を購入したかったのですが、有名な方なのでお高くて手が出ませんでした(笑い)。

大矢様の画集を購入して、サインを頂いて帰りました。






 

いちご狩りハウスのバンダ・胡蝶蘭・グズマニア・パイナップル・ライチ。光咲の運動会とピアノの発表会。    2013.10.20 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。

10月14日〜10月20日のイチゴの栽培状況の纏めは、「館長のブログ」をご参照ください。

昨日から雨が降り続いています。今年の秋は、雨の日が多くいちごの生育に影響しそうです。


何となく、今シーズンは、日照不足に悩まされそうです

最近、農業において、真面な良い天候はほとんどありません。


バンダ・胡蝶蘭・グズマニア・パイナップル・ライチが元気に育っています

孫の光咲には、先々週の運動会と先週のピアノの発表会を楽しませてもらいました。

「まみい保育園」が1か月前にテレビに出たとき、アナウンサーに「好きな食べ物」は

と聞かれて、ほかの園児が「ママが作った○○」と答える中、
光咲は「ジジが作ったイチゴ」

と言ってくれました。


脱サラしてイチゴを作って一番嬉しい出来事でした。

写真1.元気に葉露を出す夜冷短日処理の紅ほっぺ。


写真2.株分けした白とピンクに胡蝶蘭。


写真3.いちご狩りハウスに移りより元気になったバンダ。太い根が伸びてきました。


写真4.食べた後に、挿し木したパイナップル。グングン大きくなってきました。あまり根は張っていませんが。


写真5.株分けしたグズマニアと種から育ったライチの木。ライチは一時の元気を失い、今にも枯れそうに瀕死の状態です。



写真6.孫の光咲の運動会。楽しそうに走る光咲。一人っ子のためか、あまり競争心が無く競争には向きそうにありません。



写真7.お姉ちゃんになり運動会を楽しんでいる光咲。



写真8.ピアノ教室の発表会での可愛い光咲。ピアノも上達に弾けましたよ!



写真9.5歳の光咲は、上手に絵を描くようになりました。
館長のアンパンマンより上手になるのは、時間の問題でしょう。


 

いちご狩りハウスの「ライチ」と「パイナップル」とピンクと白の「胡蝶蘭」の鉢替え。    2013.08.24 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 山梨 いちご狩りグルメいちご館前田

8月18日〜24日のイチゴの栽培状況の纏めは、「館長のブログ」をご参照ください。

写真1.「ライチ」は、大きな新葉が出ました。まだ緑色ではありませんが、来週には緑色になります。
「パイナップル」は、中心の新葉が黄緑色になって来ました
近々、切り離しと同時に大きな鉢に植え替えます。


写真2.鉢替え前の白の胡蝶蘭(右)とピンクの胡蝶蘭(左)。


写真3.鉢替え後のピンクの胡蝶蘭(左)と白(右)の胡蝶蘭。子供が増えました。3月に花が咲くか心配です。
館長が鉢替えをしようと鉢と水コケを購入してきたのですが、館長のすきを見て、英子社長が鉢替えをしてしまいました。



山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は36度。最低気温は25度。日の出5時06分の入り18時30分。
甲府の天気予報はこちら
中央道の道路情報は、こちら
シーズンのいちご狩りと通販と直売は、12月上旬から開始予定。

いちご狩りハウスの「ライチ」と「パイナップル」が元気に生育しています。    2013.08.17 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 山梨 いちご狩りグルメいちご館前田

8月5日〜17日のイチゴの栽培状況は、「館長のブログ」をご参照ください。

山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は36度。最低気温は25度。日の出5時06分の入り18時30分。
甲府の天気予報はこちら
中央道の道路情報は、こちら
シーズンのいちご狩りと通販と直売は、12月上旬から開始予定。


6月7日に植えたライチの種から芽が出て、2回目の新葉が出てきました。
南国らしく、双葉の面白い葉の出方です。


6月7日に食べたパイナップルを挿し木しました。
葉の中心がミドリ・ミドリして来ました。
来年の6月頃には食べれるでしょう。

バンダや胡蝶蘭が元気です。今年は、いちご狩りシーズン中に咲かせます。    2013.08.04 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 山梨 いちご狩りグルメいちご館前田

今週のイチゴ栽培のまとめは、「館長のブログ」をご参照ください

今週は、1週間の中で温度差が大きかったので、37.8度が昨年以上に暑く感じました。
年を取ったからかもしれません。

ベットの仕上げは、体力を要するので体の節々が悲鳴をあげています。
毎日、昨年購入したマッサージチェアが活躍しています。

館長のイチゴ栽培以外の楽しみは、バンダ・胡蝶蘭・ライチの木・パイナップルの栽培です。

今シーズンは、いちご狩りに合わせて。白とピンクの胡蝶蘭とバンダの花を早く咲かせる計画です。

写真1.葉の枚数が7枚から8枚になりました。来年も紫の花を咲かせるよう頑張っています。


写真2.白とピンクの胡蝶蘭。昨年より元気です。
株分けしたいが、分け方が分からない。


写真3.黄色・赤・紫の「グスマニア」。冬には咲いていないでしょう。


写真4.台湾のライチとパイナップル。

暑い時は、涼しい所で美味しい物を食べたい!飯田の妙琴公園の「のんび荘」で美味しいお蕎麦を食べました。    2013.07.28 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル


 山梨 いちご狩りグルメいちご館前田

今週のまとめは、「館長のブログ」をご参照ください


今日は、飯田の友人の所に遊びに行きました。
この時期は、涼しい所で美味しい物を食べたいものです。

そこで、
妙琴公園の「のんび荘」で美味しいお蕎麦を食べてきました。

山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は34度。最低気温は22度。日の出4時50分の入り18時54分。
甲府の天気予報はこちら
中央道の道路情報は、こちら
シーズンのいちご狩りと通販と直売は、12月上旬から開始予定。


写真1.妙琴公園の涼しい沢の風景。涼しい風が、暖かい体を冷やしてくれます。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

アーカイブ

コメント

  • 来シーズンのいちご狩り用の苗の親株を定植開始しました!
    館長 (03/08)
  • 来シーズンのいちご狩り用の苗の親株を定植開始しました!
    いさっち。 (03/08)
  • 17時の甲府の一般道は、まだ積雪はありません。安全第一なので、いちご狩りのキャンセルOKです。
    館長 (01/22)
  • 17時の甲府の一般道は、まだ積雪はありません。安全第一なので、いちご狩りのキャンセルOKです。
    ちくだ (01/22)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    藤井英寿 (04/09)
  • いちご狩りハウスの雪害の補助金の最終申請を行いました!
    館長 (02/17)
  • いちご狩りハウスの雪害の補助金の最終申請を行いました!
    ひたむき農夫 (02/17)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (04/14)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    倉橋 良子 (04/14)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (05/04)

トラックバック

ブログ内検索