山梨県いちご狩り

お歳暮の出荷が始まります。    2016.12.07 Wednesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

12月26日まで、ご予約の定員に達しましたので,

12月26日までのご予約をお受けできません。

12月27日から1月9日までのいちご狩りのご予約受付を一時停止いたします。

12月20日頃から受付を再開します。

 

今日は朝からいちご狩りハウスのパソコンのインターネットやメールが使えなくなりました。

NTTに連絡をしましたが、30分間も電話がつながりませんでした。

色々調査していただきましたが、推定原因は「ウインドウズ10」のソフトによるもんらしいです。

色々の人に聞くと、あちこちの会社でトラブッているようです。

当館もインターネットが使えないと大変なので、半日がかりで復旧しました。

最近、ウインドウズも無理やりテンに切り替えさせられたり、Googleのクロームもホームページを

変更しても「スマホ」はすぐに変更が反映されますが、PCは、パソコンの状態により 「

部分的にしか変更を認めなかったり」になっています。

当館もホームページを更新したのですが、お客様のパソコンが変更されていないと、

トラブルになるような気がします。困ったものです。

午後からは、色々なお客様や業者の方がご来館され仕事ができませんでした。

 

館長も最近はいろいろな仕事があり更新できませんでした。

昨年までは、疲れていてもブログだけは更新できたのですが、高齢化と癌の治療の影響 でしょうか、

書こうと言う気力が落ちています(笑い)。

今日からいちご狩りが始まりました。 知的障害者のお客様でしたので、ご予約をお受けいたしました。

皆さん、「イチゴが甘い」と喜んでおられました。 今晩は、石和温泉に宿泊されるそうです。  

 

最近の仕事。

1.親株の除去とベットの消毒が終わりました。  

2.来シーズンの親株が、元気に育っています。  

3.一部出荷が始まりました。  

 

親株を除去した育苗ハウス。

 

来シーズンに病気を持ち込まないように、綺麗に床掃除をしました。

この後、床を消毒します。

 

来シーズンの親株。濃い緑で肥料も効いており元気に育っています。

1月と2月は、寒さに遭遇させ2月末から定植を開始します。

2月の夜は、暖房をします。

雪害から3年を経て、ようやく昔のように完璧な親株が確保できました。

 

真ん中があかねっ娘(ももいちご)。上段がかおり野。下段が紅ほっぺ。

今年はあかねっ娘(ももいちご)の出来栄えが非常に良いです。

これで、アイべりが出てくれば最強の組み合わせになります。

アイベリーは、来週になるでしょう。

 

ここに並んでいるのは、雪害でお世話になったお客様にお礼としてお届けするイチゴです。

下の幅広い箱は、平パックの輸送用箱です。九州に送り輸送試験を行います。

 

山梨放送(YBS)さんの「ててて!TV」からイチゴの取材・放映がありました。    2016.11.29 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

いちご狩りは、12月10日から開園いたします。

12月22日まで、ご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。

 

 12月1日の直売と通販の開始に先立ち、山梨放送の「ててて!TV」の取材がありました。

久しぶりのテレビで緊張しました(笑い)。

当館は、短日夜冷処理を行っているので、毎年どこのいちご園より開園が早いです。

テレビでは、

1.つくばの検査機関で残留農薬を検査した結果、農薬が検出されなかったことを報告しました。   

今年も安心・安全のイチゴです。

2.開園から14年間、かねっ娘(ももいちご)は、ほとんど直売と通販を行いませんでした。   

「今年から、あかねっ娘(ももいちご)の直売を常時する」ことを宣伝しました。

3.お歳暮の贈答用イチゴは、12月10日頃から開始。

4.昨年は、かおり野の品不足になりましたが、今年は栽培数量を増やしたので、沢山販売できることをお知らせしました。  

取材中の館長と海野アナ。

 

あかねっ娘(ももいちご)の説明と試食の海野アナと館長。

今年のあかねっ娘(ももいちご)は、株と葉が大きいのがよくわかります。

 

いちご狩りハウスも開園間近で、綺麗になりました。

 

今年も当館のイチゴが残留農薬ゼロ(無農薬)という検査結果が出ました。    2016.11.29 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

いちご狩りは、12月10日から開園いたします。

12月16日まで、ご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。

やはり、9月や最近の天候の影響でイチゴの収穫時期が遅れております。

毎年、当館のいちごは、残留農薬を検査して安全で安心できるイチゴあることを確認しています。

今年も、12年連続で残留農薬がないことがつくばの検査機関の検査で分かりました。

後日ホームページ掲載します。

 

地球温暖化も当初は、あまり影響がないと思われていましたが、今や誰もが異常気象の恐ろしさを

認識しております。手遅れと言ってもよいでしょう。

化学農薬の人体への影響も無視されていますが、今生きている私たちに影響が少なくても、孫やひ孫に

化学農薬の害の影響が出ないと誰が言えるでしょうか?

早く取り返しのつかない状態にならないうちに、無農薬栽培が拡大されることを館長は願っています。

 

この結果、当館のイチゴは日本一安全なイチゴであることが証明されました。

これから5月までの半年間農薬を散布しないで栽培しなければならない。 頑張ります・・・・・・・。

 

検査機関から届いた検査結果。

農薬が検出せず」の言葉が重も重もしい!。

 

今年は、イチゴの蕾取りや脇芽取りやランナー取りに追われています。    2016.11.25 Friday

 いちご狩りは、12月10日から開園いたします。

12月16日まで、ご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。

 

 昨日は54年ぶりに甲府も東京も積雪がありました。 54年前の冬は、1月から3月まで非常に寒くなったそうです。 同じようになるか、疑問ですが・・・。

 イチゴも少しずつ色ずき始めましたが、まだまだです。

12月10日には、いちご狩りが可能でしょう。

もう、かなりご予約が入りはじめました。

 

 現在は、半夜冷処理の蕾を取ったり、ランナーを取ったり、脇芽を取ったりしています。

蕾に関して、今年は2番目の出来も順調で、1番目の蕾が咲いているのに2番目の蕾が出てきたようです。

今年は全般的に、どこも沢山の蕾がでているようです。

 

休憩場のニスの1回目を塗りました。

 161225-0

今年は、蕾が多いうえ不受精花もあるので、沢山の蕾を除去しています。 161225-1

例年は寒くなり蕾が出たり花が咲くとランナーが出なくなるのですが、

今年は元気なのかまだまだ、 ランナーが出てきます。 161225-2

毎年休憩場の丸太テーブルにニスを2〜3回塗ります。 161225-4

給液装置のバルブが古くなり、給液が止まらなくなりました。 1個3万円のバルブを4個交換しました。

当館のハウスの16年が経過してきており、毎年どこかしら故障や 破損で、修理が必要になります。 161224-3  

12月から1月上旬のいちご狩り品種の予測。    2016.11.20 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

  いちご狩りは、12月10日から開園いたします。

12月1日から12月9日までのいちご狩りは、

 お電話090−7003−6866にお問い合わせください。

 可能になればお受けいたします。

 

 今日も朝から晴れの予想が、うす曇りのどんよりした天候で、日照不足が進行します。

そんな中、10月17日に出蕾した紅ほっぺが30日で赤くなり始めました。

出蕾から収穫までは、最低40日ぐらいないとあまり大きな実になりません。

章姫の10月17日頃の出蕾の花は不受精で実がなりませんでした。

こんな天候でも、イチゴの株は元気です。

 

12月10日頃のイチゴがの品種は、章姫・紅ほっぺ・かおり野・アスカルビーになりそうです。

12月15日頃からホワイトレディーが少し食べれるかもしれません。

12月20日頃は、全ての品種が食べれるでしょう。

1月4日頃から1月20日頃までは、章姫が少なくなります(今後の天候で前後します)。

 

 いちごは、1番目の実が終わり2番目の実が始まるまで14日〜20日間収穫が空きます。

これがイチゴの収穫における宿命です。今年は夜冷処理と半夜冷処理のつながりが9月の日照不足により

上手にできませんでした。恐らく1月4日から20日頃は収穫休みになる可能性が高いです。

2番目の出蕾が見えればもう少し正確な情報が出せるでしょう。

 

 今日は、飯田の友人が遊びに来てくれました。

今週は旅行や友人のご来館で、元気を沢山もらいました!

12月からの販売やいちご狩りに備えて、英気を養っております。

 

ようやく章姫の花の一部に八重の花が見れました。

 

相変わらず、元気に八重、十重の花が咲いているホワイトレディー。

今年は期待できそうです。

 

0月17日に出蕾した紅ほっぺの実が赤くなり始めました。

少し赤くなるのが早いのですが、実の大きさはそこそこの大きさがあります。

 

お客様がご来館され、急きょかおり野を販売しました。

今年から深いパック(300〜350g)をやめて写真のような浅い平ハック(250g)に

変更予定です。

 

今年2年目の栽培でようやく要領がわかり元気なホワイトレディー。

 

あかねっ娘(幻のももいちご)も、元気です。

 

 

 

 

 

鵜の浜温泉「ロイヤルホテル小林」は、安くて料理も多く最高。大徳漁業で奇跡的に黄金蟹が手に入る!    2016.11.20 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

いちご狩りは、12月10日から開園いたします。

12月1日から12月9日までのいちご狩りは、

 お電話090−7003−6866にお問い合わせください。

 可能になればお受けいたします。

 栽培状況は、明日公表します。

来週も曇りの日が多く、今年の天気は年末まで日照不足の状態が続くかもしれませんね。

 

館長は16日から小さな旅に行きました。

きっかけは、大変お世話になっている富山の知人のお見舞いが目的でした。

土日も休まずに仕事を進めた結果、幸い1日余裕が出たので急きょ、英子社長の希望で

16日に新潟の南魚沼にある塩沢織を見に行き、17日は瓢湖の白鳥と阿賀野の紅葉を見に行きました。

17日の夜、富山の知人に夕食をごちそうになり、18日は、知人の案内で漁師さんから直接蟹を購入したり

有名な蟹やさん(株大徳漁業)に連れて行ってもらいました。

結論を言うと、お見舞いに伺ったんですが、逆に館長たちがご馳走になったりお土産の購入に付き合ってもらったりで、

お世話になりっぱなしでした。

今回の旅は印象に残ることが多く、大変有意義な旅でした。

 

11月16日 朝7時に山梨を出発。途中安曇野でリンゴを購入。今年は日照不足でリンゴが小さく台風で

       傷も多くついたそうです。

       南魚沼市の塩沢織で英子社長はモンペ(笑い)を購入;館長は光咲ちゃんのお土産を購入。

       夜は、急遽苦労して見つけた安くてお得な鵜の浜ロイヤルホテル小林(南魚沼から2時間)に宿泊。

       【北陸新幹線開通記念】 人気 No.1 彩りプランは、13310円/人で豪華な料理付き

数々の豪華な料理

 

特別注文した、のどぐろの塩焼き。やや小ぶりでした。

 

特別注文のアワビの酒蒸し

 

朝食の料理の多さには、驚いた!

 

天気はあいにく、曇り時々小雨でした。

日本海独特の海が見られました。

 

11月17日 朝8時半に出発して瓢湖に白鳥を見に行く。

       白鳥やカモの多さに驚く。昼間は白鳥は近所の田んぼに餌を食べに行っているらしい。

       もう4千羽の飛来してきているそうだ。

       紅葉を見に阿賀野に見に行くが、小雨交じりのなか時々雨もやみました。

       雲というか霧で幻想的な紅葉が見ることが出来ました。

       光咲に話そうともい、「狐の嫁入り」館をカーナビに入れてがグルグル同じところを

       周り見つけられなかった。狐に化かされたか・・・・・・・・・。

       久しぶりに子持ちアユの塩焼きに出会う。昨年の四万十川の子持ちアユ以来である。

       しかし、四万十のアユの大きさは別格でした。

       ここの子持ちアユは、250円でしたが、非常に美味しかった。

       翌日の富山の「道の駅」では、600円と高く食べる気がしなかった。

       夜は、お見舞いに伺った知人からご馳走になる。

       富山の海の幸は美味しさは、別格である!

       食後、環水公園に夜景を見に行く。

 

居る!居る!想像を超えたカモの多さでした。白鳥はどこ?

 

英子社長の餌に群がるカモ。白鳥の親子も・・・。灰色は子供の白鳥。

色々な種類のカモがいました。

 

1匹250円の子持ちアユ。皮が美味しいく、卵も最高!

 

阿賀野川の紅葉。

 

阿賀野川の紅葉。川下りは、気温7度で止めました。

 

香箱蟹。きれいに並んだ小さな足。この身が、甘くて美味しい。店主の苦労が分かる。

最高なのは、この黄色い卵です。

 

 

タップリかに味噌が入っているサラダ。

 

白子の天ぷら。クリーミーで甘くて美味しい。


マタマタ出ました、のどぐろの塩焼き。さすが富山ののどぐろは大きく甘い油がいっぱい。

 

白貝焼き。珍しい貝でさっぱりした味。

 

富山でしか取れない白エビ。ひげは店主が食べやすいようにとってありました。

 

世界一美しい風景が見えるスターバックスから見た環水公園。

 

環水公園の桜の紅葉をライトアップ。まるで桜に花が咲いているようです。

 

11月18日 知人の車で、朝採れの生きた蟹を滑川市に購入しに行く。

     館長のお世話になっている知人に蟹を送るために、富山県のはじの下新川郡旭町にある

     有名な大徳漁業に行く。通販の注文がたまっているらしく大きな蟹は直売に出されない。

     仕方なく安い蟹を買って帰る人がほとんどでしたが、2時間粘った結果大きな高級な蟹が

     購入できました。ここで奇跡が起きる。

     突然店主から黄金蟹が出されました。館長即座に買い占めた(笑い)。

     テレビで1000匹に1匹しか採れない黄金蟹が、まさか手に入ると思っていなかっいた。

 

テレビでも有名な大徳漁業さんに蟹を購入しに行く。

奥の冷水で蟹を仮死状態にしてから茹でるらしい。

 

白いエプロンの店主が、蟹の1匹1匹をサイズや訳ありに分ける。

通販の注文が多いらしく、購入待ちの人には蟹がなかなか売られない。

 

通販用に回された大きな紅ズワイガニ。

小さかったり、足が取れた訳ありの蟹は、安くどんどん売られていくが

館長が狙っている大きな蟹は、通販にどんどん回される。

易い蟹を無視してから約2時間、ようやく大きな高級な蟹が出てきた。

早速、購入したが・・・。突然幻の「黄金蟹」が出てきた。

躊躇なく2杯を買い占めた。待った買いが有った。あっという間の2時間でした。

 

黄金蟹2匹内、1匹は友人に送る。1匹は息子夫婦と光咲ちゃんに食べられた(笑い)

館長は、ほんの少し試食をしたが、美味しかった。

富山の知人から黄金蟹の説明がメールできました。

黄金蟹って知ってはいましたが、1000匹に1匹くらいの確率でしかお目にかかれないんですって〓

その身は本ずわいと紅ずわいの良いとこ取りみたいですね。 本ずわいは200m〜400mに生息していて、

紅ずわいは〜600mと深い所に生息しており、たまたま出会いハーフの誕生となるのだそうです。

同じ大きさの紅ズワイガニと」比較すると、紅ズワイガニの足の方が太く、黄金ガニの足の方が細かった。

細い分、身がしまっていたのでしょう。

 

漁師さんから朝採れの生きた香箱ガニと紅ズワイガニを知人購入しお土産に

頂きました。我が家の家族で贅沢にも1日に高価な蟹を1匹ずつ食べました」。

やはり生きた蟹をその場で茹でて食べるのが一番美味しいですね。

身の締まり具合や甘さは、浜ゆでより勝ります・・・。

生きた蟹は、誰にも上げず我が家の家族で食べてしまいました(笑い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心な残留農薬ゼロ(無農薬)のイチゴで、イチゴの甘い香りと、苺本来の美味しさを味わってください。章姫の2番花が出てきました。    2016.11.15 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 いちご狩りは、12月10日から開園いたします。

12月1日から12月9日までのいちご狩りは、

 お電話090−7003−6866にお問い合わせください。

 可能になればお受けいたします。

 

 今年も無農薬(残留農薬ゼロ)のイチゴを皆様にご提供できます。

もう、無農薬に取り組み16年ぐらいたちました。

残留農薬ゼロは、もう10年以上になります。

残留農薬の検査は、イチゴが収穫できる12月上旬に行います。

 

 今だから、残留農薬ゼロも気軽に皆様にご案内できますが、10年以上前は、

残留農薬ゼロが達成できるか、12月から5月まで継続・維持できるか心配でした。

残留農薬ゼロがいかに難しいかと言いますと、「学者や試験場の方でさえ、残留農薬ゼロを達成した」

ことはありません

つまり、減農薬・低農薬は出来ても、残留農薬ゼロを出来る人は、知りません。

 

 皆さん、今年も残留農薬ゼロのイチゴで、イチゴの香りやイチゴ本来の美味しさをご堪能ください。

練乳を付けていちご狩りをする時代は、終わったのです!

 

 章姫に2番花の出蕾が、チラホラ見えてきました。

毎年のことですが、2番花の出蕾は、1月20日頃のいちご狩りが可能になるか

重要なポイントです。

今年は、1月20日頃から2番花の実のいちご狩りが出来そうです。

今年は、9月の日照不足の影響で不受精花やイチゴが小粒のため、1月5日〜1月19日頃は、

いちご狩りが出来るか見通しが立ちません。

 

今年は、イチゴの株の出来栄えが良いので、脇芽が多く取り除くのに忙しいです。

 

10月8日頃に出蕾した章姫に2番花の出蕾の兆しが見えました

真ん中の1枚の葉が出蕾の予告です。

 

脇芽が花に変わりました。

この株の、2番花の訪れとみなしてよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

いちご狩りの開園日が12月10日に決まりました。    2016.11.13 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 寒さにも慣れてきました。

今年は、育苗から定植へて出蕾までの期間は、雨や曇りで

日照不足(日照時間が例年の3割しかありませんでした)のため、良い花が咲きませんでした。

植物にとって太陽の光は、車でいうとガソリンに相当するので、収穫量に直接反映します。

光合成の三要素(光・肥料・炭酸ガス)のうち、光だけはどうすることもできません。

館長の予測ですが、

 1.章姫の花が一番よくなく過去最低の出来栄え。

 2.かおり野・アイベリー・あかねっ娘(ももいちご)・ホワイトレディーは、過去最高の出来栄え。

 3.紅ほっぺやアスカルビーは、株により出来栄えがまちまちです。

 

 すべての品種に言えるのは、10月17日までに出蕾した花は良くありません。

従って花が小さかったり受精しなかったりで、収穫時期の予測が難しいです。

10月24日以降から出蕾した花は、少しずつ良い花が咲いてきます。

10月24日までに出蕾した花は収穫が期待できないので、その分いちご狩りの開園日が遅れました。

全体の約5割の株は、収穫を見送らなければならない状況です

 

 いちご狩りの開園は、12月10日からとさせていただきます。

収穫量が増えましたら、開園の日を早めますので、ブログやホームページを

こまめに見てください。

 

 また、1月5日から1月20日頃のいちご狩りのご予約は、7〜10日前から

行います。それまでは、収穫量が把握しにくいのでご予約をお受けできません。

 

床の掃き掃除の3回目が終わりました。

 

床がきれいになりました。見ていて気も一が良いです。

これで、お客様にも安心してイチゴをご提供できます。

 

アイベリー系統の親株の除去が完了。

来シーズンに備えて、ベットの消毒を行います。

 

章姫や紅ほっぺの親株を除去しました。

来シーズンに備えて、ベットの消毒を行います。

 

来シーズンの親株を確保しました。

当館は、絶対に実とり株からは、病気の心配があるんで使用しません。

さらに、出来るだけ「先祖帰り」を避けるために原種に近い親株を作り

苗を取ります。

 

芯止まりなどので使用できなくなった株の代わりに、植える補植用苗。

今年は、芯止まり株が多いと聞いていますが、当館ではあまり芯止まりは出ませんでした。

 

今年は株の元気が良いので、葉欠きをしたり、脇芽を取ったり忙しいです。

手入れ前の章姫。いまだに、この大きな章姫の株でよい花が咲かないとは信じられません。

本当に、日照不足は恐ろしいです。

 

葉欠きと脇芽取りが終わった章姫。

 

 

 

孫の光咲ちゃんから早く癌が治るように、願いを込めた千羽鶴をもらい、元気百倍です。    2016.11.12 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 昨日、孫の光咲ちゃんの1か月遅れのお誕生会を開きました。

館長は、前立腺の癌を治すために「小線源療法」で前立腺にヨウ素125を帯びた金属を70本打ち込みました。

従って館長の体から微量ですが放射線が出ていました。

お医者様からは、2か月間「妊婦さんや乳児」に近寄らないよう言われました。

可愛い孫の光咲ちゃんや光平君に手術後も近くで会うこともできませんでした。

9月30日の誕生日に光咲ちゃんに近づけなかったので、当然お誕生会もできませんでした。

 

 その2か月は、館長の今までの人生の中で一番寂しく辛い思いをしました。

光咲ちゃんは、館長の近くで出会えるまで館長に隠れて「館長の癌が早く治るように祈りながら」千羽鶴を折っていました。

1日32羽折り、約1か月かかったそうです。

館長は、癌の手術や放射線治療を自分一人で行いお医者様に直してもらったような気がしておりました。

しかし、実際には光咲ちゃんや皆の温かい応援で癌が治ったのだろうと思います。

あまりにも嬉しくて、夜寝床に入ってもしばらく思い出して寝れません弟子t。

 

館長のモットーの横に、吊るそうと思いいちご狩りハウスに持ってきました。

しかし、この愛情こもった美しい千羽鶴が太陽の光で色あせてしまうと思い、

すぐに自宅の館長の部屋に宝物として飾ることにしました。

 

 

 

お姉ちゃんが一生懸命鶴を折っているのを、光平君が興味深く見ています

 

光咲ちゃんは、手先が器用で細かい作業も難なくこなせます。

 

毎日、頑張って館長のために鶴を折ってくれてありがとう。

館長も光咲ちゃんのために、元気で長生きします。

 

 

今シーズンのイチゴの出来栄えの予測。    2016.11.06 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 7月の暑い中の苗取り、8〜9月の育苗、9月15日からの定植、10月15日からの出蕾と

ほぼ今シーズンのイチゴの出来栄えが見えてきました。

館長の課題は、「無農薬」と「異常気象に負けない農業」です。

14年大雪による雪害に始まり今年の9月の日照不足とまさに異常気象のオンパレード。

これでもかというほど、農家を毎年苦しめています。

今までは、温暖化対策に注意を払ってきましたが、今や集中豪雨、雪害、地震、火山灰と

日本中で異常気象に見舞わられています。

 

 8月〜10月頃までの長雨や豪雨や日照不足は、秋野菜に大打撃を与えています。

イチゴにおいては、12月の収穫で一番大事な9月の花芽分化に大きな影響を与えています。

9月の日照が通年の3割しかないことは、車で言えばガソリンが3割に減ったのでその分、

走れる距離が減るのと同じです。

 

影響の度合いは、品種や苗の大きさや、育苗時期の栽培方法、定植時期によって異なります。

影響が少ない品種

1.かおり野→定植が8月31日と9月13日と早く定植したので、十分根が張れた。

2.アイベリーとあかねっ娘(ももいちご)→育苗中1列おきに列を空けたので、日照不足の中でも

  太陽の光を多く受けられた。

3.紅ほっぺ→根から生育するの。

4.ホワイトレディー→定植9月29日・出蕾10月31日と9月の日照不足の影響を受けにくかった。

影響が大きい品種

1.章姫→根の張が遅く葉から生育して成長のため、蕾への影響の転流が遅れた?

2.章姫→自然花芽分化がはやく、定植が遅れ出蕾までの期間が30日以上確保できなかった。

3.アスカルビー→小苗が花芽分化が早く、定植が遅れ出蕾までの期間が30日以上確保できなかった。

 

結論

1.かおり野やあかねっ娘(ももいちご)やアイベリーやホワイトレディーは、育苗が良かったので

  過去最高の出来栄えが確保出来そうです。

2.紅ほっぺやアスカルビーは、普通の出来栄えか、ややれ年より良くない。

3.章姫は、株の出来栄えは過去最高に良いが、花が小さく弱いので、過去最悪の出来栄え。

4.小苗は、温度が高くても長雨(秋雨)で花芽分化を起こす。

5.短日夜冷処理の計画日と自然花芽分化が近かったので、花芽分化の時期がそろった。

 

どう見ても、過去最高に悪い出来栄えに見えない順路1の章姫。

特に、10月3日に定植した半夜冷の章姫が、良くない。

小さな花の株は、蕾を取ることを検討している。

 

順路2の紅ほっぺやかおり野・アスカルビー・ホワイトレディー。

見た目最高!アスカルビーの一部を除けば、最高の出来栄え!

 

ようやく、章姫の一部に7枚の花弁が見れるようになりました。

しかし、5〜6枚の花が多い。

 

花びらが5枚で雌蕊のとんがりも少ない章姫の花。

 

紅ほっぺは、八重の花もあり、脇芽が花に変わっています。

株が大きいものは、この蕾を実に活用します。

 

紅ほっぺの内、弱い花の株で、脇芽が良い蕾になっています。

弱い蕾を取り、強い蕾を活用します。

 

八重の素晴らしい花が咲いたホワイトレディー。

今年2年目のホワイトレディーは、期待できますよ!

 

10月10日頃に咲いたかおり野が少し収穫できました。

大半は、株が小さかったので蕾を取り除きました。

 

孫の光咲ちゃんを招待して今シーズン2回目のいちご狩りをしました。

完熟のかおり野は、甘くて美味しいですよ!

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

アーカイブ

コメント

  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (04/14)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    倉橋 良子 (04/14)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (05/04)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (05/04)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    岡田 久美子 (05/04)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (03/30)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    横山尚美 (03/28)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    館長 (03/16)
  • ジャム用イチゴの通販ご予約受付開始と送料のご説明。H25年のジャム用イチゴのブログ紹介
    横山 尚美 (03/16)
  • お待たせしました!ジャム用イチゴの通販を開始します。
    館長 (03/02)

トラックバック

ブログ内検索