山梨県いちご狩り

無農薬野菜の栽培状況!意外と、苦労しないで無農薬です。    2019.08.02 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 今日も最高気温36.4度と暑い日が続きます。

当館は、霧のいけうち様のミストのおかげて、涼しく作業しています。

6月から始めた夏の無農薬野菜は、特に苦労しないで栽培できています。

やはり、冬の無農薬野菜栽培のノウハウが効いているのだと思います。

しかし、授粉を挿せるミツバチや昆虫がいないので、授粉させるのが大変です。

心配していたアブラムシもいないので、一安心です!

枝豆は、風に授粉を任せました。どうなることやら・・・・・・。

葉物野菜は、終わりの品種もあれば、これから食べられる品種もあります。

次回から少し1種類当たりの種をまく量を減らして、播種時期も少し遅らせようかと思います。

そんなに沢山の無農薬野菜を食べられません(笑い)。

写真1.奥の「うぐいす菜」は、間引きをすればするほど残りの株が大きくるので、驚きました。

手前は、館長の大好きな「ルッコラ」です。10日ぐらい後には、食べられるでしょう。

写真2.レタスもこれから丸くなるまで我慢!

後ろは、中玉トマトの千果。

写真3.後ろは7種類の「サラダ菜」。生育が良く沢山だべたり皆さんに差し上げました。

次回は、もう少し最初から、隙間を空けて種をまいた方が良いかも。

手前は、小松菜で、柔らかくて美味しい。

写真4.館長の大好きな「ワサビ菜」。これからが食べごろです!

写真5.上が小株。下が赤かぶ。

写真6.今回の野菜で一番時間のかかる、人参。

写真7.下は、遅く植えた「うぐいす菜」。後ろは枝豆。

授粉を手助けする蜜蜂や昆虫がいないので、実がなるか不明。

写真8.ようやく手で授粉させたメロン「フェリーチェ」。

毎日一所懸命、雄花と雌花をくっけて、授粉させています。

写真9.7月20日に授粉が成功した、メロン「レノン」。

10Cmぐらいの大きさになりました。まだ網目は付きません。

完熟で収穫する方法は、ネットで調査済みです。

天空メロンなので、メロンは上から吊るしてあります。

写真10.スイカ。ハウスが出来たのが遅かったので、実も遅いです。

ようやく、雄花と雌花を合体させて1個実が付きました。

9月上旬が食べごろかな。プランターに植えて通路マットの上で実がなっています。

大きさは、まだ8Cmぐらいの大きさです。

 

 

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://ichigo-yamanashi.com/trackback/1239775

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

アーカイブ

コメント

  • ジャム用冷凍イチゴの残りが、40Kgを切りました。在庫が無くなり次第、販売を終了します。
    館長 (05/30)
  • ジャム用冷凍イチゴの残りが、40Kgを切りました。在庫が無くなり次第、販売を終了します。
    まい (05/30)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (05/30)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    まい (05/30)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    間宮節子 (05/28)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (05/10)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    宮 (05/09)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (04/21)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    佐伯 (04/21)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    マエダカツミ (02/25)

トラックバック

ブログ内検索